セリーナ・ウィリアムズの強さとは?ウィリアムズ姉妹は最強だ!

セリーナ・ウィリアムズ
セリーナ・ウィリアムズ選手は、自己最高ランキングがシングルス・ダブルス共に1位で、女子テニス界最強のプレイヤーです。生涯獲得賞金額は、全ての女子プロスポーツ選手の中で1位となっています。

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)

セリーナ・ウィリアムズ選手のプロフィール

セリーナ・ウィリアムズ
名前   :セリーナ・ウィリアムズ
ラテン文字:Serena Williams
国籍   :アメリカ
出身地  :アメリカ・ミシガン州サギノー
生年月日 :1981年9月26日
身長   :175㎝
利き手  :右
バックハンド:両手打ち
プロ転向年:1995年

経歴

セリーナ・ウィリアムズ選手は、5歳で姉と共にテニスを始め、14歳でプロに転向しました。
1999年全米オープンでは、17歳の若さで4大大会の初優勝を達成しました。

2002年から2003年かけて、グランドスラムで4大会連続優勝を果たしています。
2006年は怪我で試合出場が出来ませんでしたが、2007年全豪オープンでは、ノーシードから勝ち上がり優勝しました。2008年に再度、世界ランキング1位に返り咲きました。

2012年には、ロンドンオリンピックで金メダルを獲得し「キャリアゴールデンスラム」の偉業を達成しました。

2014年から2015年にも、グランドスラムで4大会連続優勝を達成しています。

プレースタイル

セリーナ・ウィリアムズ選手は、女子テニス界にパワーテニスを持ち込んだ第一人者とも言われるほど、力強いプレーが特徴です。特にサービスは、男子選手並みのスピードを出すことが出来ます。

パワーばかりが強調されますが、素早く体制を整えて打つ技術など、質の高いプレーを展開します。

ウィリアムズ姉妹のダブルス

ウィリアムズ姉妹
セリーナ・ウィリアムズ選手と姉のビーナス選手は、共に世界トッププレイヤーです。2人で優勝争いをした試合も少なくありません。また、プレースタイルもパワープレイを得意とし、類似点が多いため2人でダブルスを組めば最強の相手です。

ウィリアムズ姉妹は、4大大会においてダブルスで13回も優勝しています(2015年時点)。オリンピックでもシドニー、北京、ロンドンの3大会で金メダルを獲得するなど無敵の強さを誇っています。

ダブルスでも「キャリアゴールデンスラム」を達成していて、現在、シングルス・ダブルスともに達成したのは、男女を通じてセリーナ・ウィリアムズ選手ただ一人です。

セリーナ・ウィリアムズ選手と病気

セリーナ・ウィリアムズ選手は、30歳を超えた現在も現役で、世界ランキング1位です。

一時期は、故障や病気で試合に出られないどころか、一時は生死に関わる時もありました。故障や病気を経験したからこそ、復活し再びテニスが出来る、試合に勝つ事が出来る事に貪欲になり、精神的な強さと安定感が見られます。

パワープレイにばかり注目されますが、技術力の高さや戦術にも定評があり、女子テニス界の最強の女王の座を君臨しています。

【あわせて読みたい】

ビーナス・ウィリアムズの病気と食生活の改善?ウィリアムズ姉妹の凄さとは?
ビーナス・ウィリアムズ選手は、1990年代後半からテニス界のトッププレイヤーの一人として活躍し、自己最高ランキングはシングルス・ダブルス...
スポンサーリンク
レクダングル広告(大)
レクダングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です