パトリック・チャンの国籍と父母の出身は?目に障害も?

パトリック・チャン
パトリック・チャン選手はカナダのフィギュアスケート選手です。ソチオリンピック後1年間休養していましたが、今シーズンから復帰しました。今回は経歴や家族など紹介していきます!

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)

パトリック・チャン選手のプロフィール

パトリック・チャン
名前   :パトリック・ルイス・ウェイクワン・チャン
国籍   :カナダ
出身地  :カナダ オンタリオ州オタワ
生年月日 :1990年12月31日
身長   :173 cm

経歴

パトリック・チャン選手は、5歳のときにフィギュアスケートを始めました。

主な成績は、
2010年 バンクーバーオリンピック 5位
2010年、2011年  GPファイナル優勝
2011年~2013年 世界選手権優勝
2014年 ソチオリンピック 銀メダル

世界選手権で3連覇を果たすなど、絶対王者と呼ばれてきました。
ソチオリンピックの男子シングルでは、当時金メダル本命と言われていましたが、本来の実力を発揮できずに銀メダルにとどまりました。その後1年間の休養を経て、今シーズンから復帰しました。

スケーティング技術が高く、キャメルスピンも高く評価されています。
流れの中で跳ぶ4回転+3回転ジャンプなど難易度の高いプログラムをこなす選手です。

国籍は?父母の出身は?

パトリック・チャン選手の国籍はカナダです。両親は香港の出身で、父親は幼少期に、母親は20歳の時にカナダに移住したといいます。家族の会話は広東語で話すそうです。

チャン選手が通っていた高校は、フランス語を第一言語としていたこともあり、フランス語、英語、広東語の3か国語を話せるのです。

愛称は、Pちゃん、パティなどで呼ばれています。特技はピアノの演奏という一面も持っているそうです。

目が気になる!病気なの?

img318
パトリック・チャン選手は目に障害があるのではないかと言われています。
右目が上を向くことができない病気のようです。そのため、バランスをとることが出来ずに子供の頃はよく椅子に座っても転げ落ちていたそうです。

競技をするうえでハンデになると思いますが、それを乗り越えている姿はとても立派です。病気を克服して活躍をすることに多くファンに勇気と感動を与えているのではないかと思います。今後も目が離せませんね!

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)
レクダングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です