ユリア・リプニツカヤがかわいい少女から成長して美人に!画像も紹介!

ユリア・リプニツカヤ
ユリア・リプニツカヤ選手はロシアのフィギュアスケート選手です。柔軟性を活かした演技とかわいいルックスで日本でも人気があります。今回は、経歴や画像を紹介していきます!

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)

ユリア・リプニツカヤ選手のプロフィール

ユリア・リプニツカヤ
名前   :ユリア・ヴィアチェスラヴォブナ・リプニツカヤ
国籍   :ロシア
出身地  :ロシア・スヴェルドロフスク州エカテリンブルク
生年月日 :1998年6月5日
身長   :160 cm
愛称   :ユーリャ

経歴

ユリア・リプニツカヤ選手は4歳からスケートを始めました。

2011-2012シーズンは出場したジュニアの大会すべてで優勝し、2012-2013シーズンにシニアクラスへ移行しました。

主な成績は、
2012年 世界ジュニア選手権 優勝
2013年 GPファイナル 2位
2014年 欧州選手権 優勝
2014年 ソチオリンピック団体金メダル・個人5位
2014年 世界選手権 2位

2014年ソチオリンピックの団体戦では、SP、FS共に1位でロシアの優勝に大きく貢献しました。個人戦は、優勝候補の一人に挙げられていたものの5位に終わりました。

ユリア・リプニツカヤ選手は、豊な表現力と柔軟性を活かした演技が持ち味です。片脚を後ろに持ち上げるビールマンスピンを、脚を真上に上げてしまうほどで「キャンドルスピン」と呼ばれています。

成長期前のソチ五輪とその後

ユリア・リプニツカヤ選手は、幼い頃からストレッチを毎日のようにしていたことで、体が柔らかくなったといいます。

地元開催のソチオリンピックには15歳で出場しました。フリープログラム「シンドラーのリスト」の演技は世界中を魅了しました。映画に登場する赤いコートの少女をイメージした衣裳は、自身でデザインしたそうです。

しかし、2014-2015シーズンあたりから成績が伸び悩んでいます。原因は、成長による体型の変化や、ロシア選手の層の厚さが挙げられます。身長が伸びて体重が増加し、スランプになる選手は多いので、少しずつ調子を取り戻してほしいものです。

2015年グランプリシリーズ終了後に、アレクセイ・ウルマノフさんにコーチを変更しました。新たな演技にも期待したいところです。

太った?少女から大人の女性へ

かわいらしい少女から、すっかり大人の女性に成長したユリア・リプニツカヤ選手。太った?という声も聞こえてきますが、女性らしい体型になってきたのだと思います。大人っぽくなり、印象が少し変わりましたね。

ここで、画像を紹介していきます!

2013年

ユリア・リプニツカヤ

2014年

ユリア・リプニツカヤ

2015年

ユリア・リプニツカヤ
ユリア・リプニツカヤ

人を惹きつける力がある選手のように感じます。今後も注目したいと思います!

【関連記事】ロシア女子フィギアスケート選手
アデリナ・ソトニコワの経歴とソチ五輪金メダルの海外の反応は?
エリザベータ・トゥクタミシェワのコーチは?衣裳の画像も!
エレーナ・ラジオノワの憧れの選手は?かわいい画像も紹介!
エフゲニア・メドベデワのコーチは?ジャンプの特徴と考えも!

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)
レクダングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です