エリザベータ・トゥクタミシェワのコーチは?衣裳の画像も!

エリザベータ・トゥクタミシェワ
トゥクタミシェワ選手はロシアのフィギュアスケート選手です。力強いジャンプを跳びますが、色っぽい雰囲気も漂わせています。今回は経歴、コーチ、画像を紹介していきます!

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)

エリザベータ・トゥクタミシェワ選手のプロフィール

エリザベータ・トゥクタミシェワ
名前   :エリザヴェータ・セルゲーエヴナ・トゥクタミシェワ
国籍   :ロシア
出身地  :ロシア・グラゾフ
生年月日 :1996年12月17日
身長   :157 cm
愛称   :リーザ

経歴

トゥクタミシェワ選手は、4歳の頃からスケートを始めました。

ジュニア時代から頭角を現し、将来を期待されていました。しかし、ソチオリンピックのシーズンは絶不調で五輪出場を逃してしまいました。

引退さえささやかれましたが、2014-2015シーズンは快進撃を遂げます。グランプリファイナル、欧州選手権、世界選手権の3つの大きな大会で優勝しました。2015年世界選手権では、女子史上6人目となるトリプルアクセルを成功させました。

トゥクタミシェワ選手は、高さのあるジャンプが武器です。また、女性の色気も感じさせる雰囲気を持ち存在感があります。

名前の表記

日本のメディアや大会では、トゥクタミシェワと呼ばれることがほとんどです。
しかし、名前の表記は様々で、トゥクタムィシェワ、タクタミシェワ、トクタムショワなどと紹介されることもあります。

コーチはどんな人?

トゥクタミシェワ選手は、9歳のときに出場した大会で優勝すると、世界的に有名なアレクセイ・ミーシンコーチに見出されました。コーチの指導を受けるため、2週間ごとに片道27時間かけてサンクトペテルブルクへ通ったといいます。

コーチのアレクセイ・ミーシンさんは、エフゲニー・プルシェンコ選手など多くの選手を育てた名コーチです。

自身は15歳でスケートを始め、シングルの選手からペアに転向しました。28歳の時に世界選手権で銀メダルを獲得した後に引退しました。

大学で機械工学を学びながらコーチ学を修め、コーチとして活躍をし始めました。現在もサンクトペテルブルクを拠点に活動しています。

奥様は元教え子で、息子さん2人はテニスのコーチをしているそうです。

衣裳の画像

独特の雰囲気と色気があるトゥクタミシェワ選手。思わず引き込まれてしまいます。
ここで、画像を紹介します!
エリザベータ・トゥクタミシェワ
エリザベータ・トゥクタミシェワ
エリザベータ・トゥクタミシェワ
エリザベータ・トゥクタミシェワ

今後の演技にも注目していきたいと思います!

【関連記事】ロシア女子フィギアスケート選手
アデリナ・ソトニコワの経歴とソチ五輪金メダルの海外の反応は?
ユリア・リプニツカヤがかわいい少女から成長して美人に!画像も紹介!
エレーナ・ラジオノワの憧れの選手は?かわいい画像も紹介!
エフゲニア・メドベデワのコーチは?ジャンプの特徴と考えも!

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)
レクダングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です