長友佑都の体幹トレーニングとは?年棒や名言についても!

長友佑都
現在イタリアの名門チームで活躍する長友佑都選手は、日本人離れした俊敏な動きの持ち主です。長友選手にボールが渡ると、日本のファンだけでなく地元イタリアでもファンから声援が飛ぶほどの人気選手です。

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)

長友佑都選手のプロフィール

長友佑都
名前   :長友佑都(ながともゆうと)
生年月日 :1986年9月12日
出身地  :愛媛県西条市
身長   :170㎝
血液型  :O型
所属チーム:インテルナツィオナーレ・ミラノ(イタリア)
ポジション:DF、MF
利き足  :右足
愛称   :ユウト、ナガ
出身高校 :東福岡高校
出身大学 :明治大学

経歴

長友選手は小学1年生からサッカーを始めました。6年生の時に愛媛FCのジュニアユースチームのセレクションを受けますが、結果は残念ながら不合格。

中学に進学し部活動にて激しい走り込みを行い、現在評価されている豊富な運動量を維持できる体力を培いました。

高校はサッカーの強豪校である東福岡高校へ進学し、2年生でレギュラーを獲得。このときのポジションはボランチでした。

明治大学へ進学しポジションをサイドバックへコンバート。ヘルニアに悩まされる時期もありましたが、見事に克服し特別指定選手としてFC東京の練習に参加、そして入団が決定しました。

その後フル代表、オリンピック代表に選出。
北京オリンピックや南アフリカワールドカップでの活躍が評価され、イタリアセリエAチェゼーナへ移籍。そして現在所属のインテル・ミラノへレンタル移籍を経て、2011年に5年契約での完全移籍を果たしました。

プレースタイル

抜群の運動能力を活かしたスピードあるプレーが特徴の選手です。俊敏な動きを武器に1対1でのプレーを得意としています。
また相手の隙を突くミドルシュートも隠し技であり、守備力が中心のインテルにおいて長友選手の活躍は大きな存在であると共に、攻撃の起点となる重要なポジションを任されています。

長友の体を作る体幹トレーニングとは?

長友選手と言えば、体幹トレーニングが有名です。
自身でも体幹トレーニングに関する本を出版しているほどで、アスリートの身体作りの基本として多くの人に支持されています。

体幹トレーニングは、頭と手足を除いた胴体部分「体幹」の筋肉を鍛えるトレーニングです。姿勢が良くなる、太りにくい体質になるなどの効果が期待できることから、アスリートのみならず、自宅で実践している人も多いようです。

強い当たりをものともしない長友選手の強靱な肉体は、この体幹トレーニングによって培われているのでしょう。

長友選手の年俸と名言

長友佑都
長友選手が在籍するインテルは、イタリアサッカー界の中でも名門チームです。
年俸は推定4億円と大変高額です。海外でも活躍をしている長友選手は、年俸もワールドクラスと言えるでしょう。

そして信念を持ってプレーに臨んでいることを、多くの名言で証明しています。
代表的な名言としては

「成功は人の表面を飾り、失敗は人の心を豊かにする」

「努力は無駄にはならないし、努力は裏切らない」

があります。この他にもありますが、影響を受けた人も多いはずです。サッカー選手としてプレー以外の面でも多くの人に感動を与えています。

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)
レクダングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です