香川真司の年棒は?性格や憧れの選手について!

香川真司
香川真司選手は、日本代表でエースナンバー10番を背負う選手です。
攻撃的ミッドフィールダー、そしてストライカーとしてゴールに絡むことが多く、今後の活躍も期待されています。海外での経験も豊富で実力はワールドクラス!不振もありましたが現在では調子を取り戻し、ゴールを量産しています。

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)

香川真司選手のプロフィール

香川真司
名前   :香川 真司(かがわしんじ)
生年月日 :1989年3月17日
出身地  :兵庫県神戸市
身長   :175cm
血液型  :A型
所属チーム:ボルシア・ドルトムント(ドイツ)
ポジション:MF、FW
利き足  :右足
愛称   :シンジ
出身高校 :黒川高校→ウィザス高校

経歴

香川真司
サッカーを始めたのは幼稚園の頃からで、小学4年生の時には神戸市の選抜メンバーに選ばれるなど、早くから才能を認められていました。

そして高校生のころには、日本クラブユース選手権(U-18)大会に出場し、その後高校生にも関わらずセレッソ大阪と契約を交わします。高校生が卒業前に契約を結ぶという事は、極めて珍しいことでした。

2007年シーズンにはレギュラーを獲得。U-20代表にも飛び級で選出をされ、U-20ワールドカップにも出場をしました。
2008年、U-19代表とU-23北京五輪代表の両方に選出。
2009年にはプロ入り初となるハットトリックを達成。その後の試合でも得点を重ねてJ2得点王に輝き、チームJ1昇格の原動力となりました。

2010年にドイツブンデスリーガのドルトムントに移籍。ドルトムントでもチームの攻撃の要として活躍をし、チーム躍進の原動力として牽引する存在であり、自身もチームと共に多くのタイトルを獲得。

この活躍によって世界トップクラスの名門チーム、マンチェスター・ユナイテッドへ移籍。プレミアリーグ日本人初のハットトリックを達成し、リーグ優勝に貢献。
しかし、長年チームを率いたアレックス・ファーガソン監督が退任することとなり、新体制のチームで少しずつ出場機会が失われてしまいました。出場機会を求め現在所属のドルトムントに復帰し、少しずつ以前の輝きを取り戻しています。

日本代表には2008年に初招集。
2010年の南アフリカワールドカップでは代表を逃しましたが、それ以降代表にはコンスタントに招集をされ、エースナンバー10番を背負っています。

プレースタイル

香川選手は、攻撃の起点であるトップ下のポジションからゴールを狙っていく選手で、FWの選手へのアシストパスだけでなく、自身で持ち込んでシュートを放つ多くのバリエーションを持っている選手と言えます。
ポジショニングが良く、ボールの受け方がうまいと定評があります。

パスの精度はもちろんのこと、切れ味の鋭いドリブルで相手ディフェンダーをかわし、ディフェンスシステムを崩壊させる動きも得意としています。

香川真司の年棒は?

香川真司
香川選手の年棒は、推定7億5千万円と言われています。
とても高額で、チームでもトップクラス!

また、年俸以外の待遇面でもチームからは様々な提供を受けているらしく、年俸以上の評価がされています。日本の人気選手の一人ということでCM出演やモデル等のお仕事でも稼いでいる面が大きく、サッカー以外の面でも多くの契約を結んでいます。

香川選手の性格は?憧れの選手は?

香川選手は努力家実直な性格だそうです。
サッカーでも堅実なプレーが見られ、相手のミスを察知してチャンスを作り出す集中力も長けています。
試合中は見せることのない表情ですが、少し天然な所もあるらしく、チーム内では先輩からかわいがられる存在で、ムードメーカーのような働きをすることも珍しくありません。

そんな香川選手は、テレビのインタビューで憧れの選手を聞かれると、元ブラジル代表のロナウジーニョ選手を挙げています。観客を魅了するプレーにインパクトを受け憧れたそうです。
更なる高みを目指してほしいと思います!

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)
レクダングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です