岡崎慎司のプレースタイルは兄譲り?嫁や子供は?

岡崎慎司
岡崎慎司選手は、日本代表のフォワードとして活躍をしているサッカー選手です。
2009年には、国際サッカー歴史統計連盟の世界得点ランキングで1位に輝いたこともあり、日本が世界に誇れるサッカー選手の1人でもあります。そんな岡崎選手の経歴や家族についてまとめてみました!

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)

岡崎慎司選手のプロフィール

岡崎慎司
名前   :岡崎 慎司(おかざきしんじ)
生年月日 :1986年4月16日
出身地  :兵庫県宝塚市
身長   :174cm
血液型  :O型
所属チーム:レスター・シティFC(イングランド)
ポジション:FW、MF
利き足  :右足
愛称   :ザキオカ、ドッペルシンジ、オカ
出身高校 :滝川第二高校

経歴

岡崎選手の母が元テニスプレイヤーで、インターハイにも出場しているという経歴の持ち主ということもあり、スポーツに親しみのある家庭に生まれました。

サッカーを始めたのは小学2年生の頃で、中学生の時には県の選抜に選ばれるなど、早くから才能を開花させていきました。

高校卒業後は清水エスパルスに入団。
しばらくは出場機会を得られませんでしたが、徐々に頭角を現しレギュラーを獲得しました。クラブチームでの活躍によって、2008年北京五輪に出場しました。

2010年ワールドカップ・南アフリカ大会では、グループリーグ最終戦でゴールを決め、決勝トーナメント進出に貢献しました。

海外チームへの挑戦は2011年からで、ドイツブンデスリーガのシュトゥットガルト、2013年からマインツで活躍をしました。

2015年、自身が「夢だった」と語るプレミアリーグへの移籍を果たし、レスター・シティFCと4年契約を結びました。

日本代表としては常に得点を期待される選手で、岡崎選手らしい泥臭さや一生懸命さを感じるゴールでファンを魅了しています。

プレースタイル

岡崎選手は、相手ディフェンダーとの駆け引きで、裏に抜け出してからのシュートを得意としています。低いクロスボールにも頭で合わせに行き、果敢にゴールを狙うストライカーです。

フォワードだけでなく、攻撃的ポジションも幅広くこなせる、豊富な運動量も持っています。

岡崎選手の兄

岡崎慎司
岡崎選手は、兄・嵩弘さんの影響を受けてサッカーを始めたそうです。
高校は兄弟共にサッカーの強豪校・滝川第二高校に進学し寮生活を送りました。
岡崎選手が1年生で、お兄さんが3年生で出場した全国高校選手権では、兄弟で2トップを組んでチームをベスト4に導きました。

サッカーを通してお互いに切磋琢磨し合える存在のようです。
また、泥臭いプレースタイルは兄譲りなのだとか。岡崎選手の活躍には、お兄さんの存在は大きいといえるでしょうね。

岡崎選手の家族

岡崎選手は2008年7月に一般女性と結婚しました。
奥様は、5歳年上の方で美人だと評判です!お2人の間に子どもは2人で、2人とも男の子。

休日には、嫁・子供と一緒に公園に行くなど、家族サービスもしっかりしているようです。

家族のサポートのもと、これからもサッカー界を盛り上げてほしいと思います!

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)
レクダングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です