山田哲人の経歴・成績と凄さとは?性格もチェック!

山田哲人
山田哲人選手は、ヤクルトスワローズで活躍をするプロ野球選手です。
2015年にはトリプルスリーを達成するなど、チームがセ・リーグを制した原動力となりました。

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)

山田哲人選手のプロフィール

山田哲人
名前   :山田 哲人(やまだてつと)
生年月日 :1992年7月16日
出身地  :兵庫県豊岡市
身長   :180 cm
血液型  :O型
投球・打席:右投右打
ポジション:内野手
球歴   :履正社高→ヤクルト

経歴

山田選手は履正社高校よりドラフト1位で東京ヤクルトスワローズに入団しました。
高校時代は高い守備力と高打率でチームを引っ張る存在でした。3年生の夏に甲子園に出場し、ホームスチールを決めた場面は高校野球ファンを沸かせるものでした。

プロ入り後もバツグンの身体能力で、走攻守すべて揃った選手としてチームを牽引しています。

2011年は2軍での活躍にとどまりましたが、翌年4月に代打として1軍デビューを果たします。8月10日の巨人戦ではエース内海哲也選手からプロ初ホームランを記録しました。

2013年には1軍で活躍するようになり、長打力に磨きがかかっていきました。
チームの中心的存在として活躍し始めた2014年には、オールスター初出場、日本プロ野球初の6ヶ月連続初回先頭打者ホームランなどを記録しました。

この年にこれまでの右打者最多安打191本を超え、193安打で最多安打のタイトルを獲得しています。月間MVP、交流戦優秀選手、オールスター敢闘選手賞、ベストナインも獲得し、リーグを代表する内野手に成長しました。

2015年には4打席連続ホームラン、トリプルスリーを達成しています。
走攻守すべて揃ったプレースタイルはチームの中心であり、チャンスメイク、ポイントゲッター双方の活躍が期待できる万能選手として高い魅力を感じさせます。

トリプルスリーとは?

先頭打者として起用されることが多くあった山田選手ですが、高い長打力を見込まれて2015年は3番打者として出場することが多くなり、打点も量産することができました。

シーズン100打点をマークし、さらにトリプルスリー。トリプルスリーとは、打率3割、ホームラン30本、30盗塁を記録することです。

山田選手の2015年の成績は、
打率 .329(リーグ2位)
本塁打 38(リーグ1位)
盗塁  34(リーグ1位)
と、シーズンを通して打者としてこの上ない活躍をしました。

性格はユーモアも感じさせる!

山田哲人
ヒーローインタビューやファンへのメッセージでは、ユーモアを感じさせるコメントもあり、憧れの選手はマルちゃんの愛称で知られる、ドミンゴ・マルティネス選手なのだとか。

山田選手はテレビ番組で「各球場のチアリーダーが気になる」、「女優さんと付き合いたい」など周囲を楽しませるコメントも残しています。

また、体力をつけるために、夜食に好きなマクドナルドのチーズバーガーを食べて体重を増やしたこともあったそうです。

数々のタイトルを獲得し今後もさらなる活躍が期待できる山田選手は、野球だけでなくファンサービスも超一流です。

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)
レクダングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です