川端慎吾の嫁は料理が得意!妹の川端友紀も実力ある野球選手!

川端慎吾
川端慎吾選手はヤクルトスワローズに所属しているプロ野球選手です。
2015年は首位打者を獲得し、チーム14年ぶりのセ・リーグ優勝に大きく貢献しました。イケメンでも評判の川端選手に迫っていきたいと思います!

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)

川端慎吾選手のプロフィール

川端慎吾
名前   :川端 慎吾(かわばたしんご)
生年月日 :1987年10月16日
出身地  :大阪府貝塚市
身長   :185 cm
血液型  :O型
投球・打席:右投左打
ポジション:内野手
球歴   :市立和歌山商業高→ヤクルト

経歴

川端選手は市立和歌山商業高校から2005年高校生ドラフト3位で東京ヤクルトスワローズに入団しました。高校時代は通算33本のホームランと高打率を残す活躍を見せました。

ヤクルト入団後、ルーキーイヤーから1軍キャンプスタートとなり、期待の大きさを感じさせました。1軍公式戦デビューは終盤10月でしたが、初安打、初打点を記録しヒーローインタビューも経験しました。

プロ2年目の2007年は怪我に苦しめられたシーズンで、1軍で目立った活躍をすることができませんでしたが、翌年にはレギュラーを狙える選手として復活。惜しくもレギュラー定着とはなりませんでしたが、内野で複数のポジションをこなせるユーティリティープレイヤーとしての地位を確立し、1軍定着を果たします。

その後、度重なる怪我や不調で1シーズンを通して活躍をすることができませんでしたが、2014年に142試合に出場し、打線の要としての存在感を見せつけます。

2015年には首位打者を獲得し、ヤクルトの強力打線には欠かせない選手と成長しました。
プレースタイルは器用さを兼ね備えた堅実さがウリです。ここぞという時のチャンスメイクに期待が持てる選手です。

川端慎吾 川端友紀
ちなみに川端選手の妹、川端友紀(かわばたゆき)さんは、女子プロ野球の中心的選手として埼玉アストライアにて活躍をしています。

女子プロ野球リーグでは三度の首位打者に輝きました。日本代表にも選ばれ、2012、2014年のIBAF女子ワールドカップに出場し、大会4連覇を果たした原動力となりました。

兄妹ともにヒットを量産する巧打者としてチームを牽引する選手なのです!

川端慎吾の嫁と子供は?

川端慎吾 嫁
川端選手はタレントの水野今日香(みずのきょうか)さんと2014年6月22日に結婚しました。「シーズン中は野球に集中したかった」との思いから発表を控え、シーズン後に結婚が明らかになりました。

出会いのきっかけは共通の知人を通して知り合い、約2年間の交際を経て結婚とのことです。

川端選手の3歳年上の水野さんは、テレビCMやバラエティ番組などで活躍をしながら、
アスリートフードマイスターの資格を取得しています。

スポーツ選手の夫を支えるため、毎日栄養を考えた料理を作りサポートを行っているようです。

お2人の間には2015年3月に1人目の子供となる長男が誕生。
川端選手は

「子供の記憶に残るよう、できるだけ長く活躍できるようにしたい」

とコメントしています。好調の要因は家族の存在が大きいかもしれませんね。

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)
レクダングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です