秋山翔吾の父母と生い立ちは?嫁は幼なじみで家庭的!

秋山翔吾
秋山翔吾選手は、現在埼玉西武ライオンズに所属しているプロ野球選手です。
2015年には、日本プロ野球新記録となるシーズン216安打を記録しました。そんな秋山選手の父母や嫁について紹介します!

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)

秋山翔吾選手のプロフィール

秋山翔吾
名前   :秋山 翔吾(あきやましょうご)
生年月日 :1988年4月16日
出身地  :神奈川県横須賀市
身長   :183 cm
血液型  :A型
投球・打席:右投左打
ポジション:外野手
球歴   :横浜創学館高→八戸大→西武

経歴

秋山選手は、2010年ドラフト3位で埼玉西武ライオンズに入団しました。

横浜創学館高校では1年生からレギュラーとなりましたが、甲子園の出場は果たせませんでした。大学時代は1年春からレギュラーに定着し、チームを牽引する存在であり数々の賞を受賞しました。

プロ入り後は持ち前の俊足を活かし、相手守備をかく乱するプレースタイルでレギュラーを獲得。

2013年は全試合に先発出場して、ゴールデングラブ賞を受賞しました。
2015年には、日本プロ野球新記録となるシーズン216安打を達成し、西武不動のトップバッターとして大きな活躍をしました。

秋山選手は俊足を活かした攻撃が魅力です。
内野安打を稼ぎつつ、二塁打、三塁打も期待ができます。

そして守備においては、守備範囲の広さと、遠投110メートルの肩の強さを兼ね備えています。外野から投げるレーザービームといえる返球は、相手チームの走者が本塁へ走るのをためらうほどです。

父親の存在は大きい

秋山選手の野球の原点は、野球好きの父親から子供の頃に教えてもらったことがきっかけでした。

しかし、そんな父も秋山選手が小学6年生の時に病死してしまいました。
入退院を繰り返していた時も練習に付き合ってくれるほど、熱心に指導してくれたそうです。
秋山選手はプロ野球選手になる夢を持っていた父の意思を引き継ぎ、野球に打ち込みました。

母子家庭で育ち支援活動も行う

秋山翔吾
秋山選手は妹と弟がいますが、母は3人の子供を女手一つで育てました。
2010年ドラフト会議で、埼玉西武ライオンズから指名を受けた時、母が喜んでいる姿がテレビで放送されました。

母子家庭で育った秋山選手は、同じ境遇の家庭に勇気を与えたいという気持ちで、ひとり親家庭への支援活動を行います。

ひとり親家庭の親子を球場に招待し、試合前にはサイン会や握手会、記念撮影をしています。
このような行動により、多くのファンから愛される存在となり、秋山選手自身もファンを大切にする姿勢が見られます。

秋山翔吾の嫁は幼なじみ!子供は?

秋山選手は2013年に結婚しました。
結婚相手は小学生時代からの幼なじみで、高校3年生から交際をスタートしたそうです。

高校卒業後、秋山選手は青森・八戸大学へ進学することになり、遠距離恋愛となりましたが、愛を育み7年間の交際を実らせました。
奥さんは元保育士とのこと。秋山選手は奥さんについて、

「家庭的で気配りもできるところに惹かれた」

と語っています。

お2人の間に第一子となる男の子が2014年11月に誕生しました。
子供が生まれてさらに良い成績を残すことはあることです。これからも目が離せない選手ですね!

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)
レクダングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です