阿部慎之助の父とは?憧れの選手や妻と子供についても!

阿部慎之助
阿部慎之助選手は現在、読売ジャイアンツに所属しているプロ野球選手です。
これまでに最優秀選手や数々のタイトを獲得し、頼りになるチームのリーダー的な存在です。今回は、阿部選手の経歴や家族について紹介します!

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)

阿部慎之助選手のプロフィール

阿部慎之助
名前   :阿部 慎之助(あべしんのすけ)
生年月日 :1979年3月20日
出身地  :千葉県浦安市
身長   :180 cm
血液型  :A型
投球・打席:右投左打
ポジション:一塁手、捕手
球歴   :安田学園高→中央大→巨人

経歴

阿部選手は中央大学より2000年ドラフト1位(逆指名)で読売ジャイアンツに入団しました。

大学在学中から打撃力に定評があり、シドニーオリンピックの代表に選ばれるなど、人気のある選手でした。

プロ入り後は巨人では23年振りとなる新人捕手開幕スタメンを勝ち取り、初打席初安打初打点を記録。ルーキーシーズンで13本のホームランを放つ活躍を見せました。

その後はレギュラーに定着し、数々のタイトルを獲得していきました。サヨナラの場面に強いことから「サヨナラシンちゃん」と呼ばれるようにもなり、ファンに愛される存在です。

2004年4月には16本のホームランを記録し月間最多の日本記録。開幕から33試合で20本塁打を放つなど、ホームランバッターとしての才能も開花しました。

キャッチャーというポジションから怪我が絶えませんでしたが、チームの中心的選手として多くの方からの信頼も厚く、2007年にはキャプテンを任されています。

2015年に捕手から一塁手へコンバートされることになりました。相川選手の怪我により開幕早々に捕手を守ることもありましたが、6月より再度一塁手に専念しています。

2007年から2014年までチームのキャプテンを務め、誰よりも信頼される兄貴分的な存在感を放っています。

チャンスに強く誰よりも責任感が強いため、ここぞという時に頼りになる選手です。グラウンドで見せるどっしりと構えたプレースタイルは他チームからも尊敬を集めるほどです。

阿部慎之助の父とは?憧れの選手は?

阿部慎之助
阿部選手の父も野球選手でした。
千葉県の習志野高校出身で元阪神タイガースの掛布雅之さんと同級生なのです。高校時代は掛布さんが3番、阿部選手の父が4番バッターで、甲子園出場を果たしています。

中央大学でも中心選手として活躍しプロ入りも嘱望されましたが、怪我のために実用団へ進んだそうです。

ちなみに、阿部慎之助選手の憧れの選手は掛布雅之さんだそうです。

妻と子供は?

阿部選手は2006年10月18日に結婚を発表しました。お相手は一般の会社員の方です。美人な奥様で、結婚前は日産ミスフェアレディーをしていたのだとか。

3人の子宝に恵まれ、娘さんが2人、息子さんが1人います。

阿部選手は2015年シーズン終了時点で、2000本安打まであと187本に迫っています。達成してほしいと思います!

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)
レクダングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です