村田修一の子供のこと。支援活動もしている!

村田修一
村田修一選手は現在、読売ジャイアンツに所属しているプロ野球選手です。
今回は、村田選手の経歴や子供、慈善活動について紹介していきます!

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)

村田修一選手のプロフィール

村田修一
名前   :村田 修一(むらたしゅういち)
生年月日 :1980年12月28日
出身地  :福岡県糟屋郡篠栗町
身長   :177cm
血液型  :AB型
投球・打席:右投右打
ポジション:内野手
球歴   :東福岡高→日本大→横浜→巨人

経歴

村田選手は日本大学より2002年にドラフト自由獲得枠で横浜ベイスターズに入団しました。

高校時代は投手として甲子園に出場しましたが、大学進学後からは野手に転向しました。

プロ入り後は将来の四番バッターとして期待され、ルーキーから起用されることも多くありました。9月には新人最多記録となる月間10本のホームランを放ち、この年に25本のホームランを打ちました。

2007、2008年には2年連続でホームラン王を獲得。パワーがあり、広角に打ち分ける技術にも定評があります。

2012年にFAで巨人に移籍し四番を任されることもありました。翌年の2013年には、月間46安打のセ・リーグ新記録を残すなど、自己最多のシーズン164安打を達成しました。

ベストナインに3回、ゴールデングラブ賞に2回輝いています。
日本代表には、2008年北京五輪、2009年ワールドベースボールクラシックに選出されました。

豪快なバッティングがプレースタイルですが、近年はチームバッティングを行う機会も多く、走者を次の塁へ進める役割が目立ちます。スラッガーとしては物足りないものの、記録には反映されないチームへの貢献を行っており、チームのための地味なプレーも積極的に行う選手です。

村田修一の子供と支援活動

村田修一
村田選手にとって2015年はケガと不調で苦しいシーズンとなりました。
そんな中、7月の阪神戦で逆転ホームランを放ち、ヒーローインタビューで見せた涙が印象的でした。この日は家族が球場に来ていて「パパのホームランが見たい」と言ってくれる息子たちにいい姿を見せたかったと、胸の内を語りました。

村田選手の息子さん(長男)は早産で生まれ、新生児集中治療室に入院したことがあります。現在は元気に生活をし、一緒にキャッチボールをすることもあるそうです。

この経験から、横浜時代の2008年に新生児医療の支援を始めました。その名も「ささえるん打基金」。当初は1打点につき1万円でしたが、少しでも多く支援していきたいという思いから、1安打につき1万円を積み立てて寄付をしています。病院への寄付の他にも、入院中の子供や家族と交流をしたり、試合に招待する活動をしています。

社会貢献活動にも熱心な村田選手。このところ大きな活躍はありませんが、復活する姿を見たいと思います!

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)
レクダングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です