山本昌の経歴と年棒は?同期はだれ?ラジコンレーサーの腕前も!

山本昌
今季をもって現役を引退した山本昌選手。32年の長きにわたり中日ドラゴンズで活躍をしてきました。今回は、球界のレジェンド山本選手に迫っていきたいと思います!

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)

山本昌選手のプロフィール

山本昌
名前   :山本昌(やまもとまさ)
生年月日 :1965年8月11日
出身地  :神奈川県茅ヶ崎市
身長   :186 cm
血液型  :AB型
投球・打席:左投左打
ポジション:投手
※本名は山本昌広

選手歴

日本大学藤沢高等学校
中日ドラゴンズ (1984 – 2015)

経歴

山本昌選手は日大藤沢高校より1983年ドラフト5位で中日ドラゴンズに入団しました。

プロ入り後2年間は1軍で登板がありませんでした。3年目の1986年シーズン終盤でプロ初登板、初勝利は2年後の1988年におさめました。

1990年代は同じくサウスポーの今中慎二投手と二枚看板として中日投手陣を支えていきました。

2000年代に入っても衰えることなく、ベテランの活躍を続けていきました。
2006年9月16日対阪神戦で、プロ野球史上最年長41歳1カ月でノーヒットノーランを達成しました。2008年には通算200勝を達成。この時も最年長記録となり、これ以降も数々の最年長記録を更新していきました。

引退までに獲得したタイトルは、最多勝3回、最優秀防御率1回、最多奪三振1回で、これらは1990年代に獲得しました。その他にも沢村賞、最優秀投手など数々の賞に輝いています。

投球フォームは大きく振りかぶり、背筋を一杯に伸ばしてから投げる特徴的なフォーム。持ち球はスクリューボールを武器に、ストレート、カーブ、スライダーで組み立てるピッチングでした。

2015年9月25日に自身のサイトで引退を表明、9月30日の記者会見で正式に引退を発表しました。

山本昌選手の年棒

年棒 チーム
1984年 360万円 中日ドラゴンズ
1985年 360万円
1986年 380万円
1987年 400万円
1988年 400万円
1989年 1100万円
1990年 2100万円
1991年 2800万円
1992年 2700万円
1993年 5200万円
1994年 1億円
1995年 1億7500万円
1996年 1億3500万円
1997年 1億2500万円
1998年 1億8340万円
1999年 1億8340万円
2000年 1億8000万円
2001年 1億8000万円
2002年 1億8000万円
2003年 1億7000万円
2004年 1億9000万円
2005年 2億3000万円
2006年 2億3000万円
2007年 2億4000万円
2008年 1億5000万円
2009年 1億5000万円
2010年 1億2000万円
2011年 1億円
2012年 4000万円
2013年 6000万円
2014年 4000万円
2015年 4000万円

引退試合と会見でのコメントは?

山本昌
山本昌選手の引退試合は10月7日の広島戦でした。打者1人限定で先発登板をし、丸選手をセカンドゴロに打ち取りました。球場から温かい拍手が送られ、山本選手の涙も印象的でした。

通算成績は219勝165敗5セーブ。中日ドラゴンズ一筋32年の現役生活にピリオドを打ちました。引退を表明した時の会見では「悔いはすごくあります、でも後悔はしていません。」と語っていました。

同期は?趣味はラジコン?

山本昌選手の同期が気になるところですが、何人かあげてみると、

  • 渡辺久信
  • 星野伸之
  • 吉井理人
  • 白井一幸
  • 池山隆寛
  • 水野雄仁
  • 小早川毅彦

など、監督やコーチ経験者なのです。50歳まで現役ですから、そのはずです。まさにレジェンドですね。

山本昌
引退後の進路は未定のようですが、今後も「野球に携わっていたい」と語っています。
プライベートではラジコンが趣味。その腕前はプロ級で、数々の大会において優勝や入賞をするほどだそうです。ラジコンレーサーとして更に腕を磨いていくのかもしれません。

引退は寂しいですが、今後も幅広く活躍してほしいと思います。お疲れ様でした!

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)
レクダングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です