和田一浩は遅咲きの打者?愛称ベンちゃんの由来は?経歴と年棒も!

和田一浩
今シーズンで現役を引退した和田一浩選手。ベンちゃんの愛称で親しまれていました。そんな和田選手の経歴や年棒など紹介していきます!

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)

和田一浩選手のプロフィール

和田一浩
名前   :和田 一浩(わだかずひろ)
生年月日 :1972年6月19日
出身地  :岐阜県岐阜市
身長   :182 cm
血液型  :O型
投球・打席:右投右打
ポジション:外野手

選手歴

岐阜県立岐阜商業高等学校
東北福祉大学
神戸製鋼
西武ライオンズ (1997 – 2007)
中日ドラゴンズ (2008 – 2015)

経歴

和田選手は神戸製鋼より1996年ドラフト4位で西武ライオンズに入団しました。
捕手として入団しましたが、プロ入り当初は出場機会に恵まれず、主に代打としての出場でした。

2002年外野手に転向しレギュラーに定着。チームの中軸打者として活躍をします。2005年には自身初のタイトルとなる首位打者、最多安打を獲得しました。

2007年のシーズンオフにFA権を行使し中日ドラゴンズへ移籍。
2010年に打率.339、37本塁打、93打点と好成績を叩き出しました。この年にセ・リーグMVPに輝くなど、中日のリーグ優勝に貢献しました。

2015年6月に2000本安打を達成。42歳11か月での達成は日本プロ野球史上最年長です。8月にはセ・パ両リーグでの1000本安打の記録も打ち立てました。
そして2015年9月に現役引退を表明しました。

和田一浩選手の年棒

年棒 チーム
1997年 1200万円 西武ライオンズ
1998年 1230万円
1999年 1800万円
2000年 1800万円
2001年 2700万円
2002年 4000万円
2003年 1億円
2004年 1億7000万円
2005年 2億5000万円
2006年 2億7000万円
2007年 2億7500万円
2008年 2億8000万円 中日ドラゴンズ
2009年 2億8000万円
2010年 2億8000万円
2011年 4億円
2012年 3億3000万円
2013年 3億3000万円
2014年 2億5000万円
2015年 2億円

ベンちゃんの由来は?遅咲きのプレーヤー?

ベンちゃんの愛称で知られている和田選手。ニックネームの由来は、同じ名字で演出家の和田勉(わだべん)さんにちなんでつけられたそうです。

そんな和田選手の野球人生は遅咲きでした。高校、大学、社会人野球を経験してからプロ入り。捕手として入団したものの出場機会が少なく、打力を生かすために外野手に転向後30歳でレギュラーをつかんだのです。

通算2000本安打を達成したのも引退をした2015年のこと。「まだやれるのに」と思われた方も多かったようです。

引退試合で子供から花束も

和田一浩
引退試合はナゴヤドームで行われた9月24日の阪神戦でした。最後の打席の後、阪神・鳥谷選手、自身の子供から花束を受け取り、ファンから声援が送られました。

和田選手の家族は、奥様と4人の子供がいます。ラストゲームを家族に見守られ、子供たちからの花束に感無量だったのではないでしょうか。

まだ現役の姿を見たかったファンも多いと思いますが、19年間の現役生活にピリオドを打ちました。お疲れ様でした!

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)
レクダングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です