小笠原道大は大減俸の経験を乗り越え笑顔で引退!愛称ガッツの由来も!

小笠原道大
今シーズンで現役を引退した小笠原道大選手。フルスイングにガッツあるプレーでファンに愛されてきました。今回は小笠原選手に迫っていきます!

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)

小笠原道大選手のプロフィール

小笠原道大
名前   :小笠原 道大(おがさわらみちひろ)
生年月日 :1973年10月25日
出身地  :千葉県千葉市美浜区
身長   :178 cm
血液型  :A型
投球・打席:右投左打
ポジション:内野手

選手歴

暁星国際高等学校
NTT関東
日本ハムファイターズ
北海道日本ハムファイターズ (1997 – 2006)
読売ジャイアンツ (2007 – 2013)
中日ドラゴンズ (2014 – 2015)

経歴

小笠原選手はNTT関東から1996年ドラフト3位で日本ハムファイターズに入団しました。

入団当時は主に社会人時代のポジションである捕手としての起用でした。3年目に一塁手に転向しレギュラーに定着。打撃力も開花させていきました。

2000年に初のタイトルとなる最多安打を獲得。その後も首位打者、本塁打王など数々のタイトルを獲得し、チームの中心選手に成長しました。

2006年シーズン終了後にFA宣言をして読売ジャイアンツに移籍します。巨人でもセ・リーグMVPに輝き、江夏豊さん以来2人目となるセ・パ両リーグでのMVPを受賞しました。

2011年に通算2000本安打を達成。2012年には打撃不振で34試合の出場にとどまり、オフの契約更改では、プロ野球史上最大の減額となる3億6000万円ダウンの7000万円でサインをすることもありました。

2013年のオフにFAで中日に移籍し、代打の切り札として活躍しました。
2015年引退を表明。来季から中日の二軍監督として采配をふるうことになりました。

小笠原道大選手の年棒

年棒 チーム
1997年 1200万円 日本ハムファイターズ
1998年 1400万円
1999年 2000万円
2000年 5000万円
2001年 1億1000万円
2002年 1億8000万円
2003年 3億円
2004年 4億円 北海道日本ハムファイターズ
2005年 4億3000万円
2006年 3億8000万円
2007年 3億8000万円 読売ジャイアンツ
2008年 3億8000万円
2009年 3億8000万円
2010年 3億8000万円
2011年 4億3000万円
2012年 4億3000万円
2013年 7000万円
2014年 3000万円 中日ドラゴンズ
2015年 4500万円

ニックネーム・ガッツの由来は?

小笠原道大
ガッツの愛称で知られている小笠原選手。日本ハム時代についたニックネームです。この由来は、指を骨折して完治していない状態で代打ホームランを打ったことがきっかけだそうです。

他にも、プレーにガッツがあるから、合コンの席で食事にしても女の子に対してもがっつくからという説もあるみたいです。それにしても、ガッツっていいあだ名ですね!

引退試合もフルスイング

小笠原道大
小笠原選手は豪快なフルスイングに全力プレーでファンに愛されてきました。引退試合は9月21日にナゴヤドームで行われた巨人戦でした。現役最後の打席はレフトフライに終わりましたが、この時もフルスイングを見せてくれました。この後、2人の娘さんが泣きながら花束を贈る姿と小笠原選手の笑顔が印象的でした。

試合後には、中日、巨人両チームの選手による胴上げが行われました。日本ハム10年、巨人7年、中日2年のプロ生活を振り返り、

「ファイターズで育ててもらって、ジャイアンツに成長させてもらって、ドラゴンズで締めくくらせてもらった。本当に幸せだと思う」

と感謝の気持ちを伝えました。

来季からは中日の二軍監督としてチームの指揮を執ることになりましたが、是非ガッツある選手を育ててほしいものです。現役生活、お疲れ様でした!

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)
レクダングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です