高橋尚成の経歴と年棒は?引退の理由も知りたい!

高橋尚成
今シーズンで現役を引退した高橋尚成選手。巨人、メジャー、DeNAと日米通じて16年間のプロ野球人生を送りました。今回は、高橋尚成選手に迫っていきたいと思います!

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)

高橋尚成選手のプロフィール

高橋尚成
名前   :高橋 尚成(たかはしひさのり)
生年月日 :1975年4月2日
出身地  :東京都墨田区
身長   :177 cm
血液型  :B型
投球・打席:左投左打
ポジション:投手

選手歴

修徳高等学校
駒澤大学
東芝
読売ジャイアンツ (2000 – 2009)
ニューヨーク・メッツ (2010)
ロサンゼルス・エンゼルス (2011 – 2012)
ピッツバーグ・パイレーツ (2012)
シカゴ・カブス (2013)
横浜DeNAベイスターズ (2014 – 2015)

経歴

高橋尚成選手は東芝から1999年のドラフト1位で読売ジャイアンツに入団しました。

ルーキーイヤーから即戦力として9勝をマーク。その後も、巨人の先発ローテーションの一角として活躍をしました。

2006年にはベンチに飛んできたファウルボールが顔面を直撃し、右頬を骨折する不運に見舞われ、復帰後は抑え投手も経験しました。

2007年に先発に戻り、初のタイトルとなる最優秀防御率を獲得するなどチームのリーグ優勝に貢献しました。

2009年のオフにFA宣言をし、メジャー挑戦を表明。ニューヨーク・メッツとマイナー契約を結びました。1年目は10勝を挙げる活躍を見せましたが、それ以降は満足な成績を残すことが出来ませんでした。

ロサンゼルス・エンゼルス、ピッツバーグ・パイレーツなどを渡り歩き、2013年のシーズン終了後に横浜DeNAベイスターズへ移籍。5年ぶりに日本球界へ復帰することになりました。

移籍後は好投をする時もありましたが、結果的に勝利を上げることができませんでした。
そして、2015年9月に引退を表明しました。

高橋尚成選手の年棒

年棒 チーム
2000年 1300万円 巨人
2001年 4000万円
2002年 5000万円
2003年 8200万円
2004年 7600万円
2005年 6500万円
2006年 7300万円
2007年 7300万円
2008年 1億4600万円
2009年 1億3500万円
2010年 1億円 メッツ
2011年 3億8000万円 エンゼルス
2012年 4億2000万円 エンゼルス/パイレーツ
2013年 1億 カブス
2014年 6000万円 横浜DeNAベイスターズ
2015年 6000万円

引退の理由は?お尻を出した伝説も!?

高橋尚成
高橋尚成選手は中畑清監督から声をかけられて、横浜DeNAで日本球界復帰を決めたといいます。しかし、DeNAでは1勝もできず悔しい思いをしたのではないでしょうか。

引退の理由を

「体は無理してもできると思う。でも、気持ちの方がついてこなくなった。」

と語っています。

引退試合は10月2日の古巣・巨人戦に打者一人限定で先発登板をしました。奥様と子供が球場で見守るなか、16年間の現役生活にピリオドを打ちました。

巨人時代、優勝の祝勝会でお尻を出してはしゃぐこともあったお調子者。当時、奥様に叱られてからやらなくなったみたいです。

引退後はテレビ番組や解説に招かれることもあり、持ち前の明るい性格でファンを獲得しているようです。自身のブログでは、報知新聞社と解説の契約をしたことを公表しています。解説者としての活躍も楽しみですね!

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)
レクダングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です