羽生結弦の快進撃には家族の温かいサポートも!父・母・姉について!

羽生結弦
羽生結弦選手は現在、世界歴代最高得点の記録を持つフィギアスケート選手です。実力はもちろんのこと、爽やかなルックスから多くの女性ファンを獲得しています。世界的な快挙を成し遂げ、更に高みを目指す羽生選手に迫っていきます!

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)

羽生結弦選手のプロフィール

羽生結弦
名前   :羽生 結弦(はにゅう ゆづる)
生年月日 :1994年12月7日
出身地  :宮城県仙台市泉区
身長   :171cm
血液型  :B型
所属   :全日本空輸(ANA)
愛称   :ゆづ

経歴

羽生選手は、4歳からスケートを始めました。喘息の持病があり、走ると咳き込んだり、夜も眠れないほど咳が続く事もあったといいます。スケートを始めたきっかけのひとつは、喘息を克服することだったそうです。

2008年、2009年全日本ジュニア選手権で優勝、2009年ジュニアGPファイナル優勝など、ジュニア時代から好成績をおさめ、2010年にシニアデビュー。2012年に現在のコーチであるブライアン・オーサーコーチに変更しました。

主な成績は、
2013年、2014年、2015年 GPファイナル優勝(3連覇)
2014年 ソチオリンピック 金メダル
2014年 世界選手権 優勝 など

2015年11月のグランプリシリーズNHK杯において、史上初の300点を突破し322.40点を記録。2週間後のグランプリファイナルでは、それを上回る330.43点をマークし、男子史上初となる3連覇を成し遂げました。

4回転ジャンプと、出来栄え点がつく世界最高峰のトリプルアクセルを武器にしています。柔軟性を生かしたスピンの評価も高く、得点源となっています。難易度の高い演技構成・ジャンプを安定して飛ぶことが出来て、失敗を恐れずに攻めていく姿勢も羽生選手の凄さといえます。

家族のサポート

端正な顔立ちで女性ファンも多い羽生選手。少年のようなあどけない笑顔も魅力です。また、インタビューの受け答えも好感が持てるため話題になっています。

羽生選手の家族は両親と姉の4人家族です。
父は中学校の教頭、母は専業主婦、フィギアスケートをやっていた姉がいます。

2012年、羽生選手が高校3年生の時に、バンクーバー五輪金メダリストのキム・ヨナ選手の指導者だったブライアン・オーサーコーチに師事するため、カナダ・トロントに母と2人で移り住みました。

最初はカナダでの生活に馴染めなかったそうですが、食事の面など母の献身的な支えがあり、スケートに打ち込めるようになったといいます。

試合の衣装は、数年前までは母親の手作りだったそうです。その当時、羽生選手はテレビのインタビューでこう話していました。

「夜更かししてまで衣装を作ってくれる母親の愛情を感じながら滑っています。」

羽生選手が仙台の実家に戻りトレーニングをした時期には、父親がリンクへ送り迎えしてくれたそうです。昼間はリンクを貸し切りにできないため、深夜に向かって早朝に帰宅する生活を送っていたとのこと。また、フィギアスケートをしていた姉は羽生選手にアドバイスをしているそうです。

羽生選手は家族の温かい愛情を感じながら競技に臨んでいるのでしょう。そして、インタビューでは家族だけでなく、多くの人に感謝の言葉を伝えるところも人気の理由かもしれません。

【関連記事】こちらもどうぞ♪
小塚崇彦と大島由香里が婚約!プロポーズがロマンチックすぎる!?
村上大介は英語が堪能で日本語は?ツイッターやインスタグラムも話題に!
無良崇人の結婚はいつ?父・無良隆志コーチの経歴は?所属クラブも!
宇野昌磨と浅田真央の出会いとは?憧れの選手とコーチもチェック!

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)
レクダングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です