田中史朗は子供と間違えられる?妻との出会いとエピソードも!

田中史朗
田中史朗選手は、日本人として初めてスーパーラグビーでプレーしたラグビー選手です。日本代表の中心選手として活躍をしている田中選手を紹介します!

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)

田中史朗選手のプロフィール

田中史朗
名前   :田中 史朗(たなか ふみあき)
生年月日 :1985年1月3日
出身地  :京都府
身長   :166cm
血液型  :O型
所属   :パナソニックワイルドナイツ
ポジション:SH(スクラムハーフ)
出身高校 :伏見工業高校
出身大学 :京都産業大学
愛称   :ジャック、フーミン、フミ

経歴

田中史朗選手は、小学校高学年でラグビーを始め、中学校でラグビー部に入部しました。伏見工業高校を経て、京都産業大学へ進学。大学時代にはラグビーの本場、ニュージーランドに留学をしました。

2007年に三洋電機(現パナソニック)に加入すると、1年目からレギュラーを獲得し、トップリーグ新人賞に輝きました。

2013年に日本人として初となる、南半球の世界最高峰リーグ「スーパーラグビー」でプレー。

日本代表には2008年に選出され、2011年、2015年のワールドカップに出場しました。

田中選手は、優れた判断力と正確なパスに定評があります。また、大柄な選手にも果敢にタックルするプレーヤーです。

子供と間違えられる?妻とのエピソード

笑顔がかわいい田中選手ですが、23歳の時、小学生に「お前、どこ小?」と聞かれたことがあるそうです。子供に間違えられるという、ユニークなエピソードをお持ちなのですね。

そんな田中選手は、2011年に結婚をして、娘さんがいます。

奥様は元バドミントン選手で、お2人は三洋(現パナソニック)の同期入社でした。ラグビー部とバドミントン部は本拠地が違うため、接点はなかったそうですが、ラグビー部が優勝した際のパーティーに、バドミントンチームも参加したとのこと。その時、田中選手は不在でしたが、奥様が知り合ったラグビー選手を通じて、お2人は出会ったそうです。

奥様は食事の管理や、マッサージをしてあげたりして、アスリートの夫を献身的に支えています。

歴史的勝利をあげた2015年のワールドカップ・南アフリカ戦で、最優秀選手に選ばれた田中選手ですが、その活躍の裏には、夫婦のエピソードがあります。

2011年のワールドカップでは、1勝も出来ずに予選敗退。悔しい思いをした田中選手は「小さくても体を言い訳にしないで、死ぬ気で止めとけばよかった」と、妻に胸の内を明かしたといいます。

そして、2015年ワールドカップ大会前に「命がけで戦うから、もし俺が死んだら新しいいい人見つけてな」と、妻に伝えたそうです。

田中選手は、身長166センチ、体重71キロと小柄ですが、体を張って果敢にタックルをし、チームに大きく貢献しました。その姿には「死ぬ気で戦う」覚悟が伝わってきました。きっと、多くの人が勇気をもらっていることでしょう。

【関連記事】
畠山健介は筋肉が凄いけど笑顔はかわいい!結婚式について
堀江翔太の海外挑戦の理由は?妻と子供は?勝負飯も気になる!
大野均は髪型・ヒゲもかっこいい!経歴と伝説もチェック!
リーチマイケルは日本食好き?日本代表の思いとは?妻とカフェについて!
ホラニ龍コリニアシが尊敬する選手は?名前の由来と母との関係も!
山田章仁の結婚相手ローラは美人モデル!妻との出会いは?経歴もチェック!
五郎丸歩のキック前ポーズとルーティン効果とは?趣味は釣り!?

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)
レクダングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です