丹羽孝希のスポンサー契約とラケット・ラバーは?父の思いとは?

丹羽孝希
丹羽孝希選手は、速いテンポで攻撃的なプレーをする卓球選手です。2016年に新たにスポンサー契約を結んだという、丹羽選手に迫っていきます!

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)

プロフィール

丹羽孝希
名前   :丹羽 孝希(にわ こうき)
生年月日 :1994年10月10日
出身地  :北海道苫小牧市
身長   :162cm
血液型  :O型
所属   :明治大学
出身高校 :青森山田高校
利き腕  :左

経歴

丹羽孝希選手は、父が卓球選手だったこともあり、7歳から卓球を始めました。
地元の卓球チームに所属し、小学生の頃から全国大会に出場すると、常に全国トップクラスで活躍していました。

青森山田中学時代の2009年世界選手権に、日本男子史上最年少14歳6カ月で出場。予選を勝ち上がり、本戦でも1勝を挙げる健闘を見せました。

2011年世界ジュニア選手権、男子シングルスで優勝。
2012年4月のロンドン五輪アジア予選では、世界ランキング1位の馬龍選手(中国)を破り、出場権獲得とともに、自身初の五輪代表に選ばれました。

ロンドン五輪終了後、ドイツ・ブンデスリーガでプレー。2014年に所属チームを退団しますが、最終年となった2年目は、レギュラーシーズン20勝4敗の成績でリーグ最高勝率を残しました。

2013年1月、全日本選手権男子シングルスで初優勝。
2014年世界卓球選手権で、男子団体戦銅メダル、2015年世界卓球選手権では、男子個人戦ダブルスで銅メダルを獲得しました。

スポンサー契約とラケット・ラバー

2016年1月、スヴェンソンと、そのグループ会社の卓球メーカー・ヤマト卓球は、丹羽選手とスポンサー契約を結びました。期間は2016年1月1日から5年間とのことです。

ヤマト卓球はスポンサーとして、「VICTAS(ヴィクタス)」のラケット、ラバーなどを提供するそうです。

ラケット:VICTAS カルテットAFC
フォア面ラバー:VICTAS V>15エキストラ
バック面ラバー:VICTAS V>15エキストラ

丹羽選手は、「メーカーのトップランナーとしてプレーしたいと思っていた」とも話しており、更なる活躍が期待できそうです。

丹羽孝希の父と趣味は?

丹羽選手は、卓球経験者の父の影響で競技を始めました。父は「子どもができたら卓球をやらせるのが夢だった」との思いがあったそうです。

もともと左利きだったため、母が右利きにさせようとしたところ、「卓球をやらせるんだから」と、父が反対したようです。きっと、卓球での優位性を考えてのことだったのでしょう。

丹羽選手は、スポーツ選手の本を読むことが趣味とのことです。トップアスリートから学びながら、メンタル面も強化しているのかもしれません。今後も楽しみな選手ですね。

【男子卓球選手】
水谷隼が監修したカレーが気になる!結婚した嫁と子供も!
吉村真晴はハーフ?名前の意味は?大島祐哉との関係も!

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)
レクダングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です