吉村真晴はハーフ?名前の意味は?大島祐哉との関係も!

吉村真晴
吉村真晴選手は、多彩なサーブと攻撃的なプレーを展開する卓球選手です。今回は、吉村選手を紹介します!

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)

プロフィール

吉村真晴
名前   :吉村 真晴(よしむら まはる)
生年月日 :1993年8月3日
出身地  :茨城県那珂郡東海村
身長   :177cm
血液型  :AB型
出身高校 :野田学園高校
出身大学 :愛知工業大学
利き腕  :右

経歴

吉村真晴選手は、卓球選手だった父の影響で、7歳から卓球を始めました。

小学6年生の時に橋津監督にスカウトされて、宮城県の秀光中等学校へ進み、中学3年で山口県の野田学園中学校に監督とともに転校します。中学卒業後は、野田学園高等学校に進学しました。

高校3年生となった2011年、アジアジュニア卓球選手権・男子シングルス優勝、世界ジュニア卓球選手権では、男子シングルス、男子ダブルスで3位に入り飛躍の年になりました。2012年1月、全日本選手権で初優勝し、高校生で史上2人目となる全日本チャンピオンに輝きました。同年4月に愛知工業大学へ進学しました。

2015年世界卓球選手権では、石川佳純選手と組んだ混合ダブルスで銀メダルを獲得。そしてジャパンオープンでは、強豪選手が多い中で、準優勝をする活躍を見せました。

吉村真晴はハーフ?大島祐哉との関係は?

吉村真晴
吉村選手は、日本人の父と、フィリピン人の母の間に生まれたハーフです。名前の真晴(マハル)は、フィリピンの言語の1つであるタガログ語で「愛する」を意味します。

元選手だった父の影響で卓球を始めた吉村選手は、地元の卓球クラブで指導していた父に、厳しく鍛えられたといいます。

そんな吉村選手にとって、友人であり、ライバルでもある大島祐哉(おおしま ゆうや)選手の存在は大きいようです。ともに現役大学生で同学年の2人は、対照的な卓球人生を歩んでいます。

吉村選手は10代から世界と戦い、高校生にして全日本チャンピオンに輝いた実績を持つ一方、大島選手は早稲田大学入学後に頭角を現しました。

2人とも相手に対して「負けたくない」と思っているそうですが、その気持ちが成長にも結びついていることでしょう。良き友として、ライバルとして、互いに高め合いながら活躍する姿を見守りたいですね。

【男子卓球選手】
水谷隼が監修したカレーが気になる!結婚した嫁と子供も!
丹羽孝希のスポンサー契約とラケット・ラバーは?父の思いとは?

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)
レクダングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です