梨田昌孝の現役時代の経歴は?男前でダジャレが面白い!

梨田昌孝
梨田監督は現在、東北楽天ゴールデンイーグルスの監督を務めています。
選手時代は、近鉄バファローズ一筋でキャッチャーとして活躍。引退後は、野球解説者、野球評論家、指導者として幅広く活動をしています。そんな梨田監督を紹介します!

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)

プロフィール

梨田昌孝
名前   :梨田 昌孝(なしだ まさたか)
生年月日 :1953年8月4日
出身地  :島根県浜田市
身長   :178 cm
血液型  :A型
投球・打席:右投右打
ポジション:捕手
本名は梨田昌崇(読みは同じ)

選手歴

島根県立浜田高等学校
近鉄バファローズ (1972 – 1988)

監督・コーチ歴

近鉄バファローズ
大阪近鉄バファローズ (1993 – 2004)
北海道日本ハムファイターズ (2008 – 2011)
WBC日本代表コーチ(2013)
東北楽天ゴールデンイーグルス (2016 – )

経歴

島根県立浜田高校から1971年ドラフト2位で近鉄バファローズへ入団しました。
強肩を武器に捕手としてチームに貢献をします。プルプルと体を震わせて打つバッティングスタイルは「こんにゃく打法」と呼ばれ、打撃でも勝負強さを発揮していきました。

1979年には球団初となるリーグ優勝を経験。ベストナインに3回、ダイヤモンドグラブ賞(現・ゴールデングラブ賞)に4回選ばれています。そして、1988年に引退をしました。現役時代の通算成績は、1323試合、打率.254、874安打、113本塁打、439打点。

引退後の活動

引退後は、野球評論家を経て1993年にコーチとして近鉄に復帰。二軍監督を務めた後、2000年に一軍監督に就任します。2004年にはオリックスとの合併に伴い、球団消滅と同時に勇退。野球評論家に復帰した後、2008年から2011年まで日本ハムの監督を務めました。

その後は再び、NHK野球解説者や日刊スポーツ評論家など幅広く活躍をし、2016年から東北楽天ゴールデンイーグルスの監督に就任しました。

大阪近鉄バファローズ最後の監督であり、選手、監督として同チームの優勝を経験したのは梨田監督ただ一人です。

男前だけどダジャレ好き

梨田監督は年を重ねても男前、とても素敵な方です。
近鉄監督時代は、当時コーチだった真弓明信さんと小林繁さんの3人で「近鉄男前三人衆」と呼ばれるほどでした。

2004年のシーズンをもって近鉄は消滅してしまいましたが、選手に対して、こんな話しをしたといいます。

「お前たちが付けている背番号は、すべて近鉄バファローズの永久欠番だ」

この言葉は選手の心に深く残っていることでしょう。

そんな梨田監督はダジャレ好きでも有名です。
楽天にドラフト1位で入団したオコエ瑠偉選手に対して、

「まず瑠偉には塁に出てもらいたい」
「初対面のときは、一言お声(オコエ)をかけさせて頂きます」

と、おやじギャグ発言したそうです。これからも、ユーモアあふれるコメントを聞きたいですね。

梨田監督にとって、5年ぶりの現場復帰となる2016年シーズンに注目です!

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)
レクダングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です