萩野公介の右肘骨折から復帰まで!子供時代と父母のサポート

萩野公介
競泳の萩野公介選手は、ロンドン五輪の銅メダリストで、リオデジャネイロ五輪でもメダル候補にあげられています。右肘を骨折して2015年の世界選手権を欠場しましたが、復帰を果たし、大舞台での泳ぎに期待が高まります。そこで今回は、萩野選手を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)

プロフィール

萩野公介
名前  :萩野 公介(はぎの こうすけ)
生年月日:1994年8月15日
出身地 :栃木県小山市
身長  :177cm
血液型 :B型
種目  :個人メドレー、自由形、背泳ぎ
所属  :東洋大学
出身高校:作新学院高校

経歴

萩野選手は、生後5カ月から水泳を始めます。
小学生時代から記録を更新し、中学、高校生時代も各年代の記録を塗り替えていきました。

高校3年生で出場したロンドンオリンピックでは、400m個人メドレーで銅メダルを獲得。

2013年、東洋大学へ進学。
4月の日本選手権では、400m個人メドレー、200m個人メドレーで日本新記録を樹立して優勝。100m背泳ぎ、200m自由形、400m自由形も制して大会史上初の五冠を達成しました。

2014年アジア大会では、金メダル4個、銀メダル1個、銅メダル2個を獲得する活躍で、大会MVPを受賞しました。

2016年4月、五輪代表選考会を兼ねた日本選手権で圧倒的な強さを見せ、200m自由形、200m個人メドレー、400m個人メドレー、800mフリーリレーの4種目でオリンピック代表に選ばれています。

右肘の骨折から復帰

萩野選手は、2015年世界選手権前のフランスでの合宿中にケガに見舞われました。宿舎からプールに自転車で向かう途中に転倒し、右肘を骨折してしまったのです。そのため、8月の世界選手権を欠場することに。

プールに入れない間は、バイクをこいで下半身の強化に取り組み、プールに入れるようになると、キックのみの練習をするなど、トレーニングに励んだそうです。

リハビリを経て、約5カ月ぶりとなった復帰戦は、2015年11月の東京スイミングセンター(SC)招待記録会でした。出場7種目中6種目で優勝して、復活した姿を見せました。

ケガをしたことで、泳げないもどかしさを味わい、泳げることに喜びを感じたのかもしれません。ケガからの復帰は、精神的にも成長したといえるでしょう。

子供時代と父母のサポート

萩野選手が子供の頃は、水泳、ピアノ、英会話、学習塾といろいろな習い事をしたそうです。その中で夢中になったのは水泳で、小学生になると記録を次々と更新していきます。その活躍の裏には、両親のサポートがありました。

母はスイミングスクールへの送り迎えと食事の栄養管理、父は水着の洗濯をするなど、家族で支えたそうです。

両親の温かいサポートのもと成長をした萩野選手。更なる飛躍に期待したいですね。

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)
レクダングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です