川合俊一の若い頃のモテエピソード!趣味は株式投資!現役時代の経歴も

img592
全日本の主将を務めた元バレーボール選手の川合俊一さん。実力はもちろんのこと、そのルックスから抜群の人気を誇りました。引退後はタレントやバレーボールの解説でもお馴染みです。そこで今回は、川合さんを紹介します。

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)

プロフィール

img593
名前  :川合 俊一(かわい しゅんいち)
生年月日:1963年2月3日
出身地 :新潟県糸魚川市
身長  :195cm
血液型 :A型
ポジション:センター
利き手 :右
出身高校:明治大学付属中野高校
出身大学:日本体育大学

所属チーム歴

富士フイルム(1985-1990)

経歴

中学生からバレーボールを始め、大学生で全日本代表入りを果たします。
1984年ロサンゼルスオリンピックに出場。「バレーボール界のプリンス」と呼ばれて人気を集めます。

大学卒業後は富士フイルムに入社。
日本男子バレーボール界をリードする存在として活躍をします。
1988年ソウルオリンピックに出場し、翌年には全日本のキャプテンも務めました。
1990年に現役を引退。その後は、日本人初のプロビーチバレー選手として世界のツアートーナメントに出場しました。

引退後の活動

日本ビーチバレーボール連盟会長などの要職に就いて、競技の普及や後進の指導にあたっています。また、スポーツキャスターとしてニュース番組に出演したり、バレーボール解説やタレントとして活躍。株式会社ケイブロス代表取締役を務め、幅広く活動をしています。

モテるアスリートのエピソード

歳を重ねてもかっこいい川合俊一さん。
バレー界のスター選手であり、少し前髪を垂らした髪型もトレードマークでした。

人気の高かった川合さんが、どのくらいモテたか?気になるところです。そこで、モテ男ならではの伝説を紹介したいと思います。

・ 中学時代、下駄箱がラブレターでいっぱいになった
・ 現役時代、寮にプレゼント専用の部屋があった
・ バレンタインデーにはトラック4台分のチョコレートが届いた

というエピソードがあるほど。
プライベートでは、1997年に女優の中野みゆきさんと結婚しており、夫婦円満とのことです。

趣味は株、投資家としての顔

川合さんは趣味のひとつに株式投資があり、投資家としての顔を持っています。移動の合間も携帯で見るなど、株価チェックには余念がないそうです。

以前、バラエティ番組に出演した際に、アベノミクスの株価上昇の恩恵を受けて儲けたことを明かしました。しかし、過去には暴落で大損をしたというので、そんなに簡単な世界ではないようです。

川合さんはテレビ番組でも見かけることが多く、存在感もありますが、バレー選手時代を知らない若年層からは、最初からタレントと思われることも。ご本人は「それはそれで嬉しい」と思っているそうです。

若い頃から変わらず素敵で、引退後も幅広い活躍を見せており、現役時代からのファンは嬉しいと思います。今後の活躍も楽しみです。

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)
レクダングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です