眞鍋政義がバレーを始めたきっかけ・現役時代の経歴は?海外挑戦とエピソード

img594
現在、全日本女子バレーボールチームの監督を務める眞鍋政義さん。現役時代はセッターとして活躍し、男子バレー界をリードする存在でした。そこで今回は、眞鍋監督を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)

プロフィール

img595
名前  :眞鍋 政義(まなべ まさよし)
生年月日:1963年8月21日
出身地 :兵庫県姫路市
身長  :188cm
血液型 :A型
ポジション:セッター
利き手 :右
出身高校:大阪商業大学附属高校
出身大学:大阪商業大学→大阪体育大学大学院

所属チーム歴

新日鐵ブレイザーズ(1986-1998)
イベコ パレルモ(1999)
旭化成スパーキッズ(2000-2001)
松下電器パナソニックパンサーズ(2002-2003)
旭化成スパーキッズ(2004-2005)

経歴

中学生からバレーボールを始め、エースアタッカーとして活躍。高校進学後セッターに転向しました。

大阪商業大学を経て1986年、新日本製鐵に入社。1年目からレギュラーをつかみ新人王を獲得するなど、チームの黄金時代を支えました。1993年からは新日鐵の選手兼任監督を務め、リーグ優勝を経験しています。

1999年に新日鐵を退社。イタリア・セリエAのパレルモでプレーして2000年に帰国し、旭化成に入団します。その後、松下電器へ移籍したのち、旭化成に復帰して2005年に現役を引退しました。

1988年のソウルオリンピックなど多くの国際大会に出場し、長年にわたり日本代表のセッターとして活躍しました。

引退後の活動

現役を引退した2005年、久光製薬スプリングスの監督に就任。2009年からは全日本女子チームの指揮を執り、2012年ロンドンオリンピックでは28年ぶりのメダルをもたらしました。

バレーボールを始めたきっかけ

少年時代は、王さんや長嶋さんのような野球選手に憧れていたという眞鍋監督。中学1年のときに野球部に入ろうとすると、顧問の先生から「キャッチャー」をするように言われて、入部を迷ったそうです。

その時に、バレーボール部の顧問である担任の先生に勧められたことがきっかけとなり、バレーを始めたといいます。中学時代の監督にとっても、これまでの活躍は嬉しく思っていることでしょうね。

海外挑戦とエピソード

眞鍋監督は30歳から新日鐵のプレイングマネージャーを務め、Vリーグでの2年連続優勝を達成しています。36歳の時には、周囲の反対を押し切ってイタリアのプロリーグへ挑戦。海外チームへ移籍するという大きな決断をして、再び日本に戻るには理由があったようです。

イタリアにいる時に、旭化成の南将之監督から「旭化成に帰ってきてくれないか?」とオファーを受けます。しかし、その3日後に南監督は亡くなりました。

南将之さんは、ミュンヘンオリンピックの金メダリストで、全日本男子の監督を務めました。眞鍋監督が現役時代、全日本でお世話になった方であり、恩返しをしたいと思っていたそうです。帰国後、旭化成に入団していますが、きっとその思いは通じていると思います。

指導者としてもキャリアを積んだ眞鍋監督。チーム一丸となって戦う姿を見守りたいと思います。

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)
レクダングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です