山室光史が体操を始めたきっかけ?筋肉が凄い?五輪での怪我を乗り越えて

img618
山室光史選手は、つり輪を得意としている体操選手です。小柄ながら筋力を身につけていて、筋肉にも視線が集まっています。そこで今回は、山室選手の経歴、体操を始めたきっかけなどを紹介していきます。

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)

プロフィール

名前  :山室 光史(やまむろ こうじ)
生年月日:1989年1月17日
出身地 :茨城県古河市
身長  :159cm
血液型 :O型
競技  :体操競技
所属  :コナミスポーツクラブ
出身高校:埼玉栄高校
出身大学:日本体育大学

経歴

山室選手は小学校2年生から体操を始めました。
高校3年の時に、高校総体で個人総合優勝を果たします。また、高校時代に内村航平選手と知り合い、親交を深めて、高校卒業後は共に日本体育大学に進学しました。

2009年、JAPANCUP2009で日本代表に選出、翌2010年の世界選手権に初出場し、つり輪で4位と健闘しました。

大学卒業後の2011年、コナミスポーツ&ライフに入社。
同年の世界選手権では、個人総合とつり輪で銅メダルを獲得し、団体での銀メダルに貢献しました。

2012年、ロンドンオリンピックの団体総合決勝では、跳馬の着地で転倒して骨折しましたが、日本チームは銀メダルを獲得しています。

体操を始めたきっかけ、筋肉が凄い?

体操を始めるまではサッカー少年だったという山室選手。
テレビで体操競技を見て興味を持ったことがきっかけとなり、体操を始めたといいます。両親はスポーツクラブを探してくれたり、母は車で送り迎えをしてくれたりと協力してくれたそうです。

そんな山室選手は筋力に定評があります。体操に必要な筋肉を鍛えるために、トレーニングも欠かしません。腹筋、背筋、そしてウエイトトレーニングもしっかりとやって、身体を鍛えているそうです。毎日の積み重ねは、どのスポーツでも大切だと言えるでしょう。

五輪で骨折、怪我を乗り越えてリベンジ

山室選手は、2012年のロンドンオリンピックでアクシデントに見舞われました。

団体決勝の跳馬で着地した際、左足を骨折してしまい、その後の種目を棄権することになったのです。日本チームは銀メダルに終わり、大学の同級生であり、チームメイトでもある内村航平選手と「4年後リベンジしよう」と話したといいます。

山室選手は、力を発揮しきれなかった悔しさから、何が何でも五輪に出場したいと思っていたそうです。あれから4年、リオデジャネイロオリンピック出場を決め、再び金メダルに挑みます。チーム一丸となってやりきってほしいと思います。

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)
レクダングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です