小関也朱篤の読み方は?身長や経歴について紹介!

小関也朱篤

日本競泳界を長年引っ張ってきたのは北島康介選手ですが、
平泳ぎの次世代エースとして注目されているのが小関選手です。

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)

小関也朱篤選手のプロフィール

小関也朱篤

名前  :小関 也朱篤(こせき やすひろ)
生年月日:1992年3月14日
出身地 :山形県鶴岡市
身長  :188㎝
血液型 :B型
種目  :平泳ぎ
所属  :ミキハウス
出身高校:羽黒高校
出身大学:日本体育大学

名前の読み方は「こせき やすひろ」さんです。
名前が読めないとよく言われると、ご自身もおっしゃっているそうです。

小関選手の身長は188㎝で、腕を横に伸ばしたときの長さが2m。日本の平泳ぎ選手としては大型スイマーです。中学校入学当初は身長が152㎝でしたが、牛乳をよく飲んでいたら中学3年生の時には183㎝になったそうです。かなりの急成長ですね。

基本的には自由形の選手で、高校生までは無名だったといいます。
日本体育大学に進学し自由形をメインに練習をしていましたが、3年生で本格的に平泳ぎに転向します。平泳ぎ転向後は、大学の先輩でもある北島康介選手の泳ぎを研究。映像を何度も見て効率の良い泳ぎを追求したそうです。

小関選手の成績

小関也朱篤

2013年 夏季ユニバーシアード
男子100m平泳ぎ 金メダル
男子4×100mメドレーリレー 銀メダル

2013年 東アジア競技大会
男子100m平泳ぎ 金メダル
男子200m平泳ぎ 銅メダル
男子4×100mメドレーリレー 金メダル

2014年2月 短水路競泳日本選手権
男子平泳ぎ 50m、100m、200mの三種目で全て短水路日本記録を更新して優勝。
これは、北島選手が保持していた短水路の日本記録をすべて塗り替えたことになりました。

2014年4月 日本選手権
男子100m平泳ぎでロンドンオリンピックメダリストの立石諒選手、北島選手らを破って初の日本選手権制覇。

2014年8月 第12回パンパシフィック水泳選手権
男子100m平泳ぎ、200m平泳ぎを制し、主要国際競技大会で初の平泳ぎ二冠を達成。
男子4×100mメドレーリレーで銀メダルを獲得。

2015年4月 日本選手権
男子100m平泳ぎ、200m平泳ぎで2冠。

着実に成長し勢いのある選手ですね!

結婚している?

小関選手は、ミキハウスに入社した社会人1年目に結婚しています。
お相手は一般女性で「いい夫婦の日」の11月22日に婚姻届を出したそうです。この日に入籍されるカップルは多いみたいです。奥様には食事管理もしてもらっているそうですよ。

奥様のサポートのもと、大舞台での活躍に期待がかかります!

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)
レクダングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です