リオ五輪開会式、各国の旗手【画像】

img668
現地時間8月5日に幕を開けたリオデジャネイロオリンピック。開会式では、その国を代表する選手が旗手を務めました。

日本の旗手は、陸上十種競技で現在の日本記録保持者である右代啓祐選手。アメリカは、「水の怪物」と呼ばれる競泳のマイケル・フェルプス選手、ジャマイカは、女子100メートルで五輪3連覇を狙う陸上のシェリーアン・フレーザープライス選手など、母国の国旗を掲げて選手団を先導しました。

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)

リオ五輪開会式 各国の旗手

ブラジル ヤネ・マルケス(近代五種)

img658

アメリカ マイケル・フェルプス(競泳)

img659

スペイン ラファエル・ナダル(テニス)

img660

イギリス アンディ・マレー(テニス)

img661

フランス テディ・リネール(柔道)

img662

イラン ザハラ・ネマティ(アーチェリー)

img663

デンマーク キャロライン・ウォズニアッキ(テニス)

img664

ジャマイカ シェリーアン・フレーザープライス(陸上)

img665

トンガ ピッタ・タウファトフア(テコンドー)

img666

日本 右代啓祐(陸上)

img667

各国の旗手のなかで、トンガのテコンドー選手、ピッタ・タウファトフア選手が話題になりました。上半身は裸で、下半身は民族衣装を身につけて登場。体にはオイルを塗っていたようで、光る筋肉に強いインパクトを与えました。世界中から注目されたようですね。

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)
レクダングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です