男子トライアスロン、ブラウンリー兄弟がワンツーフィニッシュ!【リオ五輪】

img671
2000年シドニー五輪から正式種目となったトライアスロン。水泳(スイム)、自転車ロードレース(バイク)、長距離走(ラン)をこの順番で行う競技です。

リオデジャネイロ五輪では、イギリス代表のブラウンリー兄弟が金、銀メダル獲得という快挙を成し遂げました。

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)

ブラウンリー兄弟が金・銀

男子トライアスロンで金、銀を独占したイギリス代表のブラウンリー兄弟。兄のアリステア・ブラウンリー選手は、1988年生まれの28歳、弟のジョナサン・ブラウンリー選手は、1990年生まれの26歳です。

地元開催となった前回のロンドン五輪では、兄が金、弟が銅メダルを獲得しました。そして、リオデジャネイロ五輪で兄のアリステア選手が金メダルを獲得し、五輪連覇を達成。弟のジョナサン選手は銀メダルを獲得し、兄弟でワンツーフィニッシュを飾りました。

ブラウンリー兄弟は、4年前から2人で金、銀を目指してきたそうです。4年越しの目標を達成したお2人、おめでとうございます。

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)
レクダングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です