引退したアスリート【2016年版】

img726
オリンピックイヤーの2016年は、各競技での日本人選手の活躍が目立つ年でもありました。その中で、引退を決意したアスリートもいます。ここでは、2016年に引退したスポーツ選手を紹介していきます。

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)

2016年に引退したアスリート

北島康介(競泳)

松田丈志(競泳)

藤井拓郎(競泳)

星奈津美(競泳)

野口みずき(陸上)

平野早矢香(卓球)

塚原直也(体操)

太田雄貴(フェンシング)

黒田博樹(野球)

鈴木尚広(野球)

武田勝(野球)

サブロー(野球)

三浦大輔(野球)

新垣渚(野球)

永井秀樹(サッカー)

小塚崇彦(フィギュアスケート)

時天空(大相撲)

長谷川穂積(ボクシング)

この他にも、多くのアスリートが惜しまれながら引退をしました。記録を残すだけでなく、感動や勇気も与えてくれました。今後は、新たに進んだ道で活躍されますように。

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)
レクダングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です