宮間あやの感動的なエピソードと海外の反応は?名言もかっこいい!

宮間あや
宮間あや選手は、なでしこジャパンの主将を務めるサッカー選手です。技術面だけでなく、人間性も素晴らしいと評価されています。今回は経歴の他、名シーン・名言を紹介します!

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)

プロフィール

宮間あや
名前   :宮間 あや(みやま あや)
生年月日 :1985年1月28日
出身地  :千葉県大網白里市
身長   :157cm
血液型  :B型
所属チーム:岡山湯郷Belle
出身高校 :幕張総合高校
ポジション:MF
利き足  :右足
愛称   :あや

経歴

宮間あや選手は、父が運営する「フッチボール Surf」で、小学1年生からサッカーを始めました。小学5年生の時、国際交流イベントに応募し、親善大使としてアメリカ・サンディエゴで試合を経験します。

読売メニーナ(現:日テレ・メニーナ)、NTVベレーザ(現:日テレ・ベレーザ)に所属するも、幕張総合高校2年生の時に退団。2001年、元日本女子代表の本田美登里さんが率いる岡山湯郷Belleに入団し、温泉旅館でアルバイトをしながらチームの主力選手としてプレーしました。

2003年に日本代表に招集され、FIFA女子ワールドカップ・アメリカ大会に出場。
2004年U-19アジア女子選手権では主将を務め、同年のL・リーグ(なでしこリーグ)では2部リーグ得点女王、最優秀選手に輝き、翌シーズン1部昇格へと導きました。

2009年、アメリカリーグ(WPS)のロサンゼルス・ソルに移籍。チーム側の撤退などの理由で、セントルイス・アスレティカ、アトランタ・ビートと移籍します。この頃、欧米の一流選手と交流を持ち友情を深めました。

2010年9月に古巣の岡山湯郷に完全移籍。
2011年FIFA女子ワールドカップ・ドイツ大会に出場し、日本の初優勝に貢献しました。2012年には、なでしこジャパンの主将を任され、精神的支柱でもある選手です。

プレースタイル

左右どちらの足でも正確なキックが出来るのが武器。
優れた技術に加え、試合の流れを読む戦術眼と判断力にも定評があり、「なでしこの司令塔」「なでしこジャパンの頭脳」と呼ばれています。

宮間あやのエピソードと名言

人間性にも魅力があると言われている宮間選手。ここで、人柄を感じるエピソードと名言を紹介します。

2011年ワールドカップ決勝で、PK戦の末アメリカに勝利した直後、宮間選手はチームメイトのもとへ駆け寄らず、アメリカ選手たちのもとへ行ったのです。健闘をたたえ合う姿は、日本のみならず世界中から賞賛されました。

img448
そして、2012年ロンドンオリンピック準決勝でフランスに勝利した時も、ピッチに座り込んでいるフランス選手に歩み寄りました。決勝で対戦するアメリカのNBCニュースは、「真のスポーツマンシップをも見せた」と、宮間選手を称えました。

このような行動が海外からも評価され、なでしこジャパンの主将としても厚い信頼を寄せられています。

そしてサッカーに対する情熱は、多くの名言で証明しています。例えば、

「朝、目が覚めた時、もしその日一番やりたいことがサッカーじゃなかったら、私はその日に引退する」

プレー、行動、言葉でチームを引っ張る姿は、多くの人の心に響いていることでしょう。

【女子サッカー選手】
川澄奈穂美は料理上手で女子力高いおしゃれ番長!性格も気になる!
大儀見優季のイケメン旦那・大儀見浩介が気になる!経歴と旧姓も!
鮫島彩は走り方もかわいい!経歴・ドリブル・画像も紹介!
澤穂希の結婚相手は元Jリーガー!辻上裕章の経歴や画像を紹介!

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)
レクダングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です