鈴木明子の引退後は憧れの振付師に?遅咲きスケーターの過去?

鈴木明子
元フィギュアスケート選手の鈴木明子さんは、表現力に定評のあるスケーターです。引退後は、プロスケーター、振付師、テレビ・ラジオ出演などで活躍をしています。そんな、鈴木明子さんに迫りたいと思います。

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)

プロフィール

鈴木明子
名前   :鈴木 明子(すずき あきこ)
生年月日 :1985年3月28日
出身地  :愛知県豊橋市
身長   :160 cm
血液型  :A型
所属   :邦和スポーツランド
愛称   :アッコ

経歴

6歳からスケートを始め、ノービス時代から頭角を現しました。
10代後半に体調を崩した為、大会に出られない時期もありましたが、2004年に復帰。

主な成績は
2010年 バンクーバーオリンピック 8位
2011年 GPファイナル 銀メダル
2012年 世界選手権 銅メダル
2013年 全日本選手権 優勝
2014年 ソチオリンピック 8位
など。

2010年バンクーバー五輪に24歳でオリンピック初出場、28歳で全日本選手権初優勝と、フィギュアスケート選手としては遅咲きの選手でした。オリンピックでは2大会連続入賞を果たしています。

卓越したスケーティングに加え、情感あふれる表現力にも定評があり、見る者を魅了しました。

2014年3月の世界選手権を最後に引退しました。

引退後の活動

引退後は、プロスケーターとしてアイスショーで演技を披露するほか、テレビ・ラジオ番組に出演するなど、幅広く活動しています。

また、本郷理華選手の2015-2016シーズンのショートプログラムで、振付師としてデビューをしています。

困難を乗り越え復帰

高校卒業後、親元を離れて仙台市にある東北福祉大学に進学した鈴木明子さん。新生活に心を弾ませていたと思いますが、大学入学後に体重が激減してしまったのです。

摂食障害により日常生活すらままならないようになり、実家へ戻り静養することに。160センチの身長に対して、32キロまで落ちてしまったそうです。食べることが出来なくなった理由は、食事制限をする中で自己管理への意識が強くなりすぎたからだといいます。

「病気を克服して復帰したい」という気持ちと、お母様をはじめ、周囲の方々のサポートがあり、復帰を果たしました。このような経験をしたからこそ、スケートが出来ることに喜びを感じていたのかもしれません。

憧れの振付師デビュー

鈴木明子さんは「引退後は振付師になりたい」という思いがあったそうです。

振付師としてのデビュー作は2015-2016シーズン、本郷理華選手のショートプログラムのシルク・ドゥ・ソレイユ「キダム」。同門の後輩ということもあり、特徴を理解したうえで取り組めたようです。本郷選手の長い手足を生かした振付で、魅力を引き出していたと思います。

振付師としての活躍にも注目していきたいですね。

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)
レクダングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です