川井梨紗子の父母は元レスリング選手!妹と姉妹対決?階級変更で五輪へ

img607
現在、至学館大学に在学している女子レスリングの川井梨紗子選手。両親は共に元レスリング選手という環境で育ちました。そんな川井選手の経歴や、両親、妹、階級変更について紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)

プロフィール

名前  :川井 梨紗子(かわい りさこ)
生年月日:1994年11月21日
出身地 :石川県津幡町
身長  :160cm
階級  :63kg級
所属  :至学館大学
出身高校:至学館高校

経歴

川井選手は小学2年生からレスリングを始めます。中学3年の時に全国中学生選手権で優勝しました。

高校は愛知県の至学館高校へ進み、2年生の時に世界カデット選手権52kg級で優勝、3年生の時には全日本選抜選手権51kg級で優勝し、2012年の世界選手権に初出場しました(7位)。

国際大会の主な成績としては

世界カデット選手権
2011年 52kg級 金メダル

世界ジュニア選手権
2013年 55kg級 金メダル
2014年 59kg級 金メダル

世界選手権
2015年 ラスベガス 63kg級 銀メダル

世界でもトップレベルの成績をおさめています。2015年に63kg級でリオデジャネイロオリンピックを目指すことを決意し、6月の全日本選抜選手権で優勝、9月の世界選手権で銀メダルを獲得しました。

両親は元レスリング選手・妹と姉妹対決も

レスリング選手だった両親の間に生まれた川井梨紗子選手。
父親は日体大OBで、大学時代の1989年に学生二冠(全日本学生選手権、全日本大学グレコローマン選手権)に輝いた方です。母親は1988年、1989年の全日本女子選手権で優勝、1989年の世界選手権に出場しています。

両親はレスリング経験者であり、強豪選手だったことからレスリング界の「サラブレッド」と言えるでしょう。その血筋の良さはこれまでの大会でも証明されており、更なる活躍が期待できます。

そして、妹の友香子さんもレスリング選手です。2015年12月の全日本選手権では、60kg級決勝で姉妹対決、姉の梨紗子さんが勝利しました。姉妹そろって将来が楽しみです。

階級変更を決意、五輪出場へ

川井梨紗子選手は2015年に58キロ級から63キロ級へ階級を上げました。
58キロ級には五輪3連覇中の世界女王・伊調馨選手がいます。川井選手は伊調選手を倒してこそ真の王者だと思っていたため、最初は階級を変えるつもりはなかったといいます。

しかし、周囲の方から階級変更の勧めがあり、相談をしながら悩んだ末に63キロ級でリオデジャネイロ五輪を目指すことを決意。初のオリンピック代表を掴みました。リオデジャネイロ五輪後は本来の58キロ級に戻すつもりのようです。

川井選手は東京五輪でも期待される選手の1人であり、姉妹で東京五輪出場、姉妹でメダル獲得を目指しているようです。頼もしい姉妹ですね。

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)
レクダングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です