三宅宏実が重量挙げを始めたきっかけ・父との約束?家族のサポートも

img611
重いバーベルを頭上に持ち上げ、その重さを競う重量挙げの三宅宏実選手。
メキシコ五輪銅メダリストの父を持ち、自身もロンドン五輪で銀メダルを獲得しています。小柄でかわいいと評判の三宅選手を紹介します。

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)

プロフィール

名前  :三宅 宏実(みやけ ひろみ)
生年月日:1985年11月18日
出身地 :埼玉県新座市
身長  :146cm
血液型 :O型
競技  :ウエイトリフティング
階級  :48㎏級、53kg級
所属  :いちごグループホールディングス
出身高校:埼玉栄高校
出身大学:法政大学

経歴

三宅宏実選手は中学3年生から重量挙げを始めます。
高校時代に全国高校女子選手権53kg級を制し、2003年の全日本選手権で初優勝をしました。

2004年、法政大学に進学。
同年の全日本選手権48kg級で優勝してアテネオリンピック代表に選出、親子2代で五輪出場を果たします。

2006年の世界選手権で銅メダル獲得し、世界大会において初めて表彰台に立ちました。
2008年、いちごグループホールディングスに入社。

オリンピックでは、2004年アテネ9位、2008年北京6位、2012年ロンドンで銀メダルを獲得しています。

重量挙げを始めたきっかけ・父との約束

三宅宏実選手の父と伯父も重量挙げの名選手であったことは知られています。
父親で監督でもある三宅義行さんは1968年メキシコ五輪の銅メダリスト、伯父の三宅義信さんは1964年東京五輪と1968年メキシコ五輪の金メダリストです。

このような環境で育ちながらも、子供の頃は競技に興味を持たなかったらしく、幼い頃からピアノを習い、中学の途中までは軟式テニスをしていました。

重量挙げを始めたきっかけは、テレビでシドニーオリンピックを見たことでした。初めて正式種目になった女子の重量挙げを見て「女性でもこれだけできるんだ」と感動したといいます。

中学3年から競技をはじめ、父・義行さんの指導を受けてきました。当時「オリンピックでメダルを取ること」を約束したそうです。そして、2012年ロンドン五輪で銀メダルを獲得、約束を果たすとともに親子でメダリストになったのです。

家族の支えは大きい

三宅選手は父、母、兄2人の5人家族で、2人の兄も重量挙げの経験者です。

家族は協力して競技に集中できる環境を整えてくれたといいます。例えば、怪我をした時に治療を受けるところを探してくれたり、母親はバランスのよい料理を作ってくれたそうです。

どんな時でも応援してくれる家族の存在は大きいもの。きっと、家族の愛情は原動力になっていることでしょう。

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)
レクダングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です