鈴木亜由子は才色兼備ランナー!座右の銘は何?実家の米と好きな食べ物

img628
日本郵政グループに所属する陸上の鈴木亜由子選手。リオデジャネイロ五輪には、女子10000mと5000mの二種目で日本代表に選ばれました。ルックスがかわいい事でも話題の鈴木選手に迫りたいと思います。

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)

プロフィール

名前   :鈴木 亜由子(すずき あゆこ)
生年月日 :1991年10月8日
出身地  :愛知県豊橋市
身長   :154㎝
所属チーム:日本郵政グループ
出身高校 :愛知県立時習館高校
出身大学 :名古屋大学
競技   :陸上競技
種目   :長距離走
愛称   :あゆこ、あゆちゃん

経歴

鈴木選手は、地元の陸上クラブで小学生から陸上競技を始めます。

中学には陸上部がなかったため、バスケットボール部に入部。バスケ部員でありながら全日本中学校陸上競技選手権に出場すると、中学2年で女子800mと1500mで優勝、中学3年でも1500mを制覇しました。

中学校卒業後は、愛知県立時習館高校に進学。
陸上部に入部し、本格的に陸上に取り組むようになりますが、足の甲の疲労骨折で手術をした影響もあり、目立った成績を残すことは出来ませんでした。

2010年、名古屋大学に進学。
大学4年で出場した2013年のユニバーシアードでは、女子10000mで金メダル、5000mで銀メダルを獲得しました。

2014年、日本郵政に入社。
2016年の日本選手権では、女子10000mで優勝、5000mは2位となり、リオデジャネイロ五輪女子10000mと5000mの日本代表に選ばれました。

実家の米と好きな食べ物

鈴木選手の実家は、お米屋さんを営んでいるため、お米を送ってくれるそうです。きっと、パワーの源になっているのでしょう。

そして、好きな食べ物は「黒豆煮」。少しシブイ気もしますが、おばあちゃんが作ってくれる黒豆煮が好きみたいです。かわいいルックスからは想像できないので、ますます好感度がアップしそうです。

才色兼備ランナー、座右の銘は?

県内でもトップクラスの進学校、時習館高校へ進み、名古屋大学に進学した鈴木選手は、才色兼備なアスリートといえます。

そんな鈴木選手の座右の銘は、
「得意淡然 失意泰然(とくいたんぜん しついたいぜん)」とのこと。

簡単に言うと、物事がうまくいっている時でも淡々と、逆にうまくいかない時には動じずに、という意味があるそうです。この言葉を胸に刻み、陸上競技と向き合っているのでしょう。

ちなみに、NTTドコモの吉澤社長も同じ座右の銘らしいです。アスリートにとっても、経営者にとっても、また私生活においても、大切な意味が込められているのではないでしょうか。

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)
レクダングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です