大竹里歩の父は元全日本男子バレーボール選手!出身校についても!

大竹里歩

大竹里歩選手は、女子バレー期待のミドルブロッカーです。 父は元バレー選手で、全日本でも活躍された大竹秀之さん。バレー界のサラブレッド・大竹選手について紹介します!

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)

大竹里歩選手のプロフィール

大竹里歩
名前   :大竹 里歩(おおたけりほ)
生年月日 :1993年12月23日
出身地  :神奈川県横浜市
身長   :183cm
血液型  :B型
所属   :デンソー・エアリービーズ
愛称   :リホ
ポジション:ミドルブロッカー
利き手  :右
出身高校 :下北沢成徳高校

大竹里歩選手の経歴

大竹里歩

大竹里歩選手は、小学6年生でバレーボールを始めます。 中学はバレーの強豪・淑徳SC(しゅくとくエスシー)中等部へ進学。そのまま高等部へ進級せず、下北沢成徳高校に進学しました。

下北沢成徳高校はバレーの名門校で、主なOGは

  • 落合真理
  • 大山加奈
  • 荒木絵里香
  • 木村沙織

すごい顔ぶれです。

高校3年生の時、キャプテンとしてチームを牽引し、春の高校バレーでは3位入賞と優秀選手賞を獲得しました。 高校卒業後は、デンソー・エアリービーズに入団。

2012年 全日本代表メンバーに選出されました。
2014年 東京オリンピックの強化指定選手「Team CORE(チーム・コア)」のメンバーにも選ばれています。

父は元全日本男子バレーボール選手

大竹選手の父・秀之さんは、元男子バレー選手でセンタープレーヤーとして活躍されました。親子でポジションも同じです。

法政二高、法政大学を経て1990年NECブルーロケッツに入部。208 cmの長身を生かしたプレーで、チームの中心選手でした。全日本には大学4年生から選ばれ、主な国際大会は1992年バルセロナオリンピック、ワールドカップに4回、世界選手権に3回出場した経歴を持ちます。

そんな父・秀之さんですが、2015年6月に「第34回ベスト・ファーザー『イエローリボン賞』」のスポーツ部門に選ばれたのです!この賞は、各界の著名人から「ベストファーザー」を選ぶもので、毎年発表しているそうです。

大竹秀之
大竹秀之

選考理由は、

「ご自身の二人のお子さんも全日本チームで大活躍され、また全国の有望な若手選手を探し育てている熱き指導力はまさにベスト・ファーザーの理念にふさわしいものです」

引用:日本ファーザーズ・デイ委員会

「二人のお子さん」とありますが、大竹里歩選手の弟・大竹壱青(おおたけいっせい)選手もバレーをしています。
現在大学生で、身長は201cm!同じく「Team CORE(チーム・コア)」に選ばれていて、将来期待の選手なのです!姉弟そろって今後が楽しみですね。

大竹選手は、高さを生かした攻撃が魅力で、全日本でも確実に経験を積んでいます。バレー界のサラブレッドから目が離せませんね!

【関連記事】こちらもどうぞ♪
鍋谷友理枝の父母や出身校は?大竹里歩との関係は?

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)
レクダングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です