エフゲニア・メドベデワのコーチは?ジャンプの特徴と考えも!

エフゲニア・メドベデワ
エフゲニア・メドベデワ選手はロシアのフィギュアスケート選手です。今シーズンにシニアに上がり、初戦で優勝というデビューを果たしました。そんなロシアの新星・メドベデワ選手を紹介していきます!

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)

エフゲニア・メドベデワ選手のプロフィール

エフゲニア・メドベデワ
名前   :エフゲニア・アルマノヴナ・メドベデワ
国籍   :ロシア
出身地  :ロシア・モスクワ
生年月日 :1999年11月19日
身長   :159 cm
愛称   :ジェーニャ

経歴

エフゲニア・メドベデワ選手は3歳の時にフィギュアスケートを始めました。きっかけは、フィギュアスケート選手だった母親が、姿勢を直すために勧めたと言います。

2014-2015シーズンは、ジュニアグランプリファイナル優勝、世界ジュニア選手権優勝と、ジュニアでのタイトルを総なめにしました。

そして2015-2016シーズンにシニアデビュー。初出場のグランプリシリーズ第1戦アメリカ大会で優勝しました。

ジャンプは片手をあげる「タノジャンプ」が多いのが特徴です。空中でバランスが崩れるリスクがあるため、ジャッジの出来栄え点がプラスされるので高得点を狙えます。

コーチはどんな人?

エテリ・トゥトベリーゼ
コーチはエテリ・トゥトベリーゼさん。1974年生まれでロシア・モスクワ出身です。

もともと女子シングルの選手で18歳の時にアメリカに移住し、アイスダンスに転向しました。その後コーチに転身。アメリカからロシアへ戻り、現在はモスクワを拠点に置いているそうです。

クラブ「サンボ70」を、有力選手を抱える名門クラブへと成長させました。娘さんもフィギュアスケート選手で教え子なのです。

2014年ソチオリンピックで「シンドラーのリスト」を演じて世界中を魅了したユリア・リプニツカヤ選手は元教え子です。

ジャンプに対する視点

メドベデワ選手は片手をあげる「タノジャンプ」を多く跳びますが、他にもジャンプに対して独自の考え方を持っています。

アクセルは自分のジャンプではないのでトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は練習していないとのこと。そのかわり、自身が得意としているサルコウジャンプで4回転を跳びたいと言っているそうです。4回転サルコウも難易度が高いので、成功させてほしいものです。しかし、現在16歳と若いですから、これから色々とチャレンジしていくのではないでしょうか。

ロシアの女子フィギアスケート界はこれまでにない層の厚さを誇り、優秀な選手が出てきています。そんな中、こんなコメントを残しています。

「毎年次々と才能ある選手が出てきます。競技者として高い位置を保ちたければ、必死で努力を続けていくしかありません」

ひたむきに競技に取り組む姿勢が、良い結果に結びついているのかもしれませんね。これからも注目です!

【関連記事】ロシア女子フィギアスケート選手
アデリナ・ソトニコワの経歴とソチ五輪金メダルの海外の反応は?
エリザベータ・トゥクタミシェワのコーチは?衣裳の画像も!
ユリア・リプニツカヤがかわいい少女から成長して美人に!画像も紹介!
エレーナ・ラジオノワの憧れの選手は?かわいい画像も紹介!

【映像】メドベデワ選手の動画もどうぞ♪
エフゲニア・メドベデワのインタビューが可愛い【動画】

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)
レクダングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です