リーチマイケルは日本食好き?日本代表の思いとは?妻とカフェについて!

リーチマイケル
リーチマイケル選手は、ニュージーランド出身のラグビー選手です。日本代表ではキャプテンを務め、コーチやチームメイトに信頼されています。今回は、リーチマイケル選手を紹介します!

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)

リーチマイケル選手のプロフィール

リーチマイケル
名前   :リーチマイケル(Michael Leitch)
生年月日 :1988年10月7日
出身地  :ニュージーランド・クライストチャーチ
身長   :190cm
血液型  :A型
所属   :東芝ブレイブルーパス
ポジション:FL(フランカー)/NO8(ナンバーエイト)
出身高校 :札幌山の手高校
出身大学 :東海大学
愛称   :Reach

経歴

リーチマイケル選手は、母がラグビーを好きだったことから、5歳からラグビーを始めます。

15歳で来日し、札幌山の手高校を経て、東海大学へ進学しました。2009年全国大学ラグビー選手権・準決勝では、日本ラグビー史上最長とも言われる、1人で100mを走る独走トライを決めました。

大学卒業後の2011年、東芝に加入。この年、母国ニュージーランドで開催されたワールドカップに、日本代表として出場しました。

2013年に帰化し、日本国籍を取得しました。2015年ワールドカップではキャプテンとしてチームを牽引し、快進撃の原動力となりました。

日本食好き?日本代表の思いは?

リーチマイケル選手は、ニュージーランド人の父と、フィジー人の母のもとニュージーランド・クライストチャーチで生まれました。

15歳の時に交換留学生として来日して、最初に下宿したのは、ラグビー部の先輩の実家でした。そちらは、お寿司屋さんを営んでいたこともあり、日本の食文化にもすぐに慣れたそうです。日本食は大好きで、お寿司の中ではサーモンの握りが好きとのこと。

そんなリーチマイケル選手が、日本代表でプレーすることを決めた理由は、「恩返しをしたい」という気持ちがあるからだそうです。日本に来日してから、友達ができて、コーチと出会い、高校やホームステイの家族も良くしてくれたことに感謝し、日本でプレーを続けています。

妻は大学の同級生

リーチマイケル選手は、2012年に大学時代の同級生と結婚しました。お2人の間には、娘さんがいます。

結婚をした翌年、左ヒジと左足首を骨折して離脱を余儀なくされました。この時、ラグビーを辞めたいと考えるほどだったといいます。

これがきっかけで、奥様がマッサージの勉強をして、リーチマイケル選手のマッサージをしているそうです。愛情が感じられますね。奥様の支えもあり、心身ともに安定してラグビーに打ち込んでいるのではないでしょうか。

また、2015年には東京都府中市にカフェをオープンしました。店名は「Cafe+64」。出身国であるニュージーランドの、国際電話の国番号「+64」から名づけたそうです。

選手生活も、プライベートも充実している様子ですね。引き続き、日本ラグビー界を盛り上げてほしいと思います!

【関連記事】
畠山健介は筋肉が凄いけど笑顔はかわいい!結婚式について
堀江翔太の海外挑戦の理由は?妻と子供は?勝負飯も気になる!
大野均は髪型・ヒゲもかっこいい!経歴と伝説もチェック!
ホラニ龍コリニアシが尊敬する選手は?名前の由来と母との関係も!
田中史朗は子供と間違えられる?妻との出会いとエピソードも!
山田章仁の結婚相手ローラは美人モデル!妻との出会いは?経歴もチェック!
五郎丸歩のキック前ポーズとルーティン効果とは?趣味は釣り!?

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)
レクダングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です