高橋大輔を支えた家族は?性格もかっこいい?人柄がわかるエピソードも!

高橋大輔
元フィギュアスケート選手の高橋大輔さんは、長年日本のエースとして活躍をしました。
確かな技術と表現力に加え、ルックスの良さから多くのファンに愛される存在でした。今回は、高橋大輔さんの経歴、家族、性格を紹介します。

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)

プロフィール

高橋大輔
名前   :高橋 大輔(たかはし だいすけ)
生年月日 :1986年3月16日
出身地  :岡山県倉敷市
身長   :165 cm
血液型  :A型
愛称   :大ちゃん

経歴

自宅近くにスケートリンクが出来たことがきっかけで、8歳からスケートを始めます。
2001年、全国中学校大会で2連覇、全日本ジュニア選手権を制し、2002年世界ジュニア選手権では、日本男子として初の優勝を飾りました。

主な成績は、
2006年 トリノオリンピック8位
2007年 世界選手権銀メダル
2008年 四大陸選手権優勝
2010年 バンクーバーオリンピック銅メダル、世界選手権優勝
2011年 四大陸選手権優勝
2012年 世界選手権銀メダル、GPファイナル優勝
2014年 ソチオリンピック6位
など。全日本選手権では通算5回優勝しています。

2008年10月、右膝前十字靱帯断裂と半月板損傷という選手生命に関わる怪我を負いますが、手術とリハビリを経て復帰。バンクーバーオリンピックでは、男子選手として日本人初の銅メダルを獲得しました。

2014年4月に、2014-2015シーズンの全試合出場を見送り、休養を発表した後、2014年10月に現役引退を表明しました。

スケーティング技術が高く、得意のステップは世界一と呼ばれるほどでした。また、感性豊かな表現力を持ち味としていました。

引退後の活動

引退後、アメリカに語学留学を経験。現在は、プロスケーターとしてアイスショーなどで活動をしています。

フジテレビで放送される「世界フィギュアスケート選手権2016」にゲスト出演、更に2016 – 2017シーズンからはフィギュアスケート放送で、同局のナビゲーターに就任することも決まりました。

家族の支え・父母の職業は?

抜群の表現力とルックスの良さで、ファンの心を鷲掴みにしている高橋大輔さん。活躍の裏には家族の支えがありました。

フィギュアスケートはお金のかかる競技のひとつですが、経済的にはあまり恵まれない家庭で育ったようです。

高橋大輔さんは、4人兄弟の末っ子。とび職の父と、理容師の母は共働きで、母親はパートを掛け持ちして支えたといいます。兄たちからも可愛がられ、試合用の衣装は母の姉が作ってくれることもあり、家族一丸となって応援したとのこと。きっと、家族の温かい愛情を感じながら、スケートに取り組んでいたのでしょうね。

性格は?人柄がわかるエピソード

高橋大輔さんの性格も気になるところです。
長年コーチを務めた長光歌子さんは、「こんなに優しい子が世界のトップで戦えるのだろうか」と心配したほど、優しい性格みたいです。

人柄がわかるエピソードとして、

高橋選手が中学生のとき、国際試合でアメリカに行った。
横断歩道を渡るとき、前におばあちゃんが歩いていて、
高橋選手がおばあちゃんのあとをずっとついて歩いていた。
あとで長光コーチが「どうしたん??」と聞くと
「あのおばあちゃんが最後まで渡りきれるか心配で見ていた」とのこと。

かっこいいし、性格もいい。少し舌足らずな喋り方も魅力を感じてしまいます。人気の理由は、人柄によるところも大きいと思います。これからも、ファンに愛されながら活躍を続けてほしいですね。

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)
レクダングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です