渡嘉敷来夢が挑戦したバスケ以外のスポーツ?父親譲りの身長と兄の存在

img623
渡嘉敷来夢選手は、日本人離れした身長と高い身体能力を持ち合わせた女子バスケットボール選手です。2015年にアメリカのプロリーグWNBAに挑戦し、注目と期待を集めています。そんな渡嘉敷選手を紹介します。

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)

プロフィール

名前   :渡嘉敷 来夢(とかしき らむ)
生年月日 :1991年6月11日
出生地  :東京都北区
出身地  :埼玉県春日部市
身長   :193cm
血液型  :A型
足のサイズ:28.0cm
ポジション:センター、フォワード
所属   :JX-ENEOSサンフラワーズ
出身高校 :桜花学園高校
愛称   :ラム
コートネーム:タク

経歴

中学1年からバスケットボールを始め、女子バスケの強豪、桜花学園高校に進学します。高校1年からレギュラー入りし、高校3冠(高校総体、国体、高校選抜)に貢献。また、高校2年の時には16歳で日本代表候補に選出されました。

2010年、JX-ENEOSサンフラワーズに加入。
ルーキーシーズンから活躍し、新人賞とレギュラーシーズンMVPに輝きました。その後も主力選手としてチームの優勝に貢献、日本代表でもなくてはならない存在です。

2013年と2015年のアジア選手権では、金メダル獲得の原動力となり、自身も2大会連続で大会MVPとベスト5に選ばれました。

2015年、アメリカ・プロリーグWNBAのシアトル・ストームと契約を交わし、日本人として史上3人目のWNBAデビューを果たしました。

バスケ以外で挑戦したスポーツ、兄の存在

渡嘉敷選手は、元ジャニーズJr.だった2歳年上の兄がいて、子供の頃からお兄ちゃん子だったといいます。

幼少期からお兄さんがやっていたスポーツを「私もやりたい」と言って始めたらしく、スポーツクラブ、空手、野球、水泳と様々な競技に挑戦。運動以外では、そろばんや塾にも通ったそうです。

そして、小学生の頃は陸上選手として、走高跳で全国優勝をするほどでした。卒業アルバムには、将来の夢に「陸上選手」と書いたそうです。

しかし、中学に入ると、バスケ部に所属していた兄の影響でバスケットボールを始めます。その理由は、部活をやっている姿が楽しそうで「私もやりたいな」と思ったから。渡嘉敷選手にとってお兄さんの存在は大きいものでしょうね。

ダンクシューターの身長は父親譲り?

渡嘉敷選手は、ダンクシュートが決められる女子選手としても知られています。身長193センチの高さだけでなく、スピード、跳躍力を活かしたリバウンドにも優れています。

日本人離れした高さを持つ渡嘉敷選手ですが、中学、高校時代は成長痛に悩まされた時期もあったそうです。身長がぐんと伸びたのは中学生のころ。入学時は170センチの身長が、3年間で15センチ伸びて卒業時には185センチまで成長したといいます。

父親の祖父はアメリカ人で、父親は身長が196センチあるというので、その遺伝子を受け継いだのかもしれませんね。

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)
レクダングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です