宮下遥はかわいいけど負けず嫌い?プロフィールと経歴は?

宮下遥

女子バレー・セッターの宮下遥選手。
15歳の若さで全日本代表に選ばれ、司令塔として活躍しています。
プロフィールや経歴、性格を紹介したいと思います!

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)

宮下遥選手のプロフィール

宮下遥

名前   :宮下 遥(みやした はるか)
生年月日 :1994年9月1日
出身地  :三重県桑名市
身長   :177cm
血液型  :B型
所属   :岡山シーガルズ
愛称   :はるか
ポジション:セッター
利き手  :右
出身高校 :大阪国際滝井高校
好きな食べ物:ヨーグルト
苦手な食べ物:レバー

宮下選手の経歴

宮下遥選手は、小学1年生からバレーボールを始めます。
6年生の時には、身長が170cmを超えアタッカーとして全国大会で活躍。その後、バレーの強豪・大阪国際大和田中学校にスカウトされ進学します。将来は「全日本のエースアタッカーになりたい」と思っていたそうです。

しかし、河本監督が「体の線が細く、非力だったためセッターになったら大化けする可能性がある」と判断し、宮下選手もそれを受けてアタッカーからセッターに転向しました。

中学在学中にVプレミアリーグ・岡山シーガルズに入団。史上最年少15歳2ヶ月で、Vプレミアリーグデビューを果たしました。

翌年、2010年15歳で全日本代表に選ばれました。15歳での代表入りは、天才セッターと呼ばれた中田久美さんや、美人アスリートの狩野舞子さん以来4人目です。

宮下遥
宮下遥

宮下選手の魅力

宮下選手が中学生で全日本のセッターに抜擢されたときの会見でのこと。中田久美さんに「彼女をどう思いますか」と尋ねると

「よーく見ておくといいわよ。あの子はモノになる。スジがいいから。」

と答えたそうです。あの中田久美さんにお墨付きをもらったとは、すごいですね!

177㎝の大型セッターで高い位置からのセットアップは有利といえますし、ブロックもいいです。そして、高身長ながらレシーブも上手いところも魅力です。

宮下遥

デビュー戦で前歯が折れた?

Vプレミアリーグデビュー戦で、アクシデントに見舞われました。
レシーブしようと飛び込んだ時に、味方選手と交錯して前歯を2本折ってしまったのです。宮下選手は出場したいと直訴し、前歯が折れたままコートに立ち続けました。「チームに何も貢献しないままコートを離れたくない」との思いがあったそうです。

かわいらしい感じですが、負けず嫌いの一面もあるようです。また、試合に対する姿勢が立派ですね。

バレーボールにおいてセッターは司令塔といわれていますが、今後も進化し続ける宮下選手を応援したいと思います!

【関連記事】動画もどうぞ♪
女子バレー・木村沙織、長岡望悠、宮下遥、古賀紗理那の素顔に迫る!【動画】

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)
レクダングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です