鍋谷友理枝の父母や出身校は?大竹里歩との関係は?

鍋谷友理枝
女子バレー・鍋谷友理枝選手は、高校時代から注目され全日本でも活躍しています。
バレー選手だった両親を持つ、鍋谷選手を紹介したいと思います!

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)

鍋谷友理枝選手のプロフィール

鍋谷友理枝
名前   :鍋谷 友理枝(なべやゆりえ)
生年月日 :1993年12月15日
出身地  :神奈川県川崎市
身長   :176cm
血液型  :B型
所属   :デンソー・エアリービーズ
愛称   :レイ
ポジション:ウイングスパイカー
利き手  :右
出身高校 :東九州龍谷高校

鍋谷友理枝選手の経歴

鍋谷友理枝
鍋谷友理枝選手は、小学3年生からバレーボールを始めます。
中学は淑徳SC中等部へ進学し、高校は東九州龍谷(りゅうこく)高等学校に進学しました。

東九州龍谷高校の前の校名は「扇城高校」でしたが、1997年に高校名を変更しました。東龍(とうりゅう)とも称されています。
女子バレー部においては全国屈指の強豪校で、これまで多くの選手を輩出ていきました。
主なOGは、

  • 永富有紀
  • 江藤直美
  • 岩坂名奈
  • 長岡望悠

すごい顔ぶれです。

高校3年生の時キャプテンを務め、春の高校バレーではチームを優勝へ導き、MVPを獲得しました。高校卒業後は、デンソー・エアリービーズに入団。

2012年、全日本代表メンバーに選出されました。高校時代から注目され、攻撃力、レシーブ力ともに評価の高い選手です。

父母もバレー選手

鍋谷選手の両親はともにバレー選手でした。
父は、高校や実業団で活躍した経歴を持ち、元全日本・大竹秀之さんと法政二高時代のチームメイトだったそうです。

母は、八王子実践高校で春高バレーに出場し、大林素子さんの1学年下だそうです。
素晴らしいDNAを持っていることは間違いなさそうですね。

大竹里歩選手との関係は?

鍋谷 大竹
鍋谷選手と大竹選手は、同い年で幼なじみ。お2人の父は、高校時代のチームメイトということもあって、家族ぐるみの付き合いをしているようです。

中学は淑徳SC中で同じチームでプレーした後、高校は別の学校を選び、鍋谷選手は「東九州龍谷」大竹選手は「下北沢成徳」へ進学しました。どちらもキャプテンでエースとして臨んだ2012年の春高バレーでは、準決勝で対戦しました。大接戦の末、東九州龍谷高校が勝利をおさめました。

高校卒業後は、2人ともデンソー・エアリービーズに入団し同じチームで活躍しています。

幼なじみの2人は、励まし合い、競い合いながら成長していくのだと思います。
更なる飛躍を期待しています!

【関連記事】こちらもどうぞ♪
大竹里歩の父は元全日本男子バレーボール選手!出身校についても!

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)
レクダングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です