松本薫は天然な性格がかわいい柔道家!不思議なエピソード?家族について

img583
数々の国際大会で優勝経験があり、ロンドンオリンピックで金メダルに輝いた柔道の松本薫選手。気迫あふれる表情から「野獣」の異名を持っています。
そんな松本選手の経歴、性格、不思議なエピソード、家族ついて紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)

プロフィール

img584
名前  :松本 薫(まつもと かおり)
生年月日:1987年9月11日
出身地 :石川県金沢市
身長  :163cm
血液型 :A型
階級  :57kg級
所属  :ベネシード
出身高校:金沢学院東高校
出身大学:帝京大学

経歴

松本選手は6歳から柔道を始め、中学3年の時に全国中学校柔道大会52 ㎏級で優勝を果たします。

高校は上京して藤村女子高校に進学。高校2年のインターハイでは57 ㎏級で優勝しますが、10月に生まれ故郷の金沢学院東高校に転校。高校3年で全日本ジュニア優勝、ドイツジュニア国際大会で優勝をしています。

2006年4月に帝京大学へ進学してからも国内外の大会で活躍。
2010年、大学卒業後はフォーリーフジャパンに所属します。この年は世界選手権を始め、出場した国際大会すべて優勝という輝かしい成績を残しました。

2012年ロンドンオリンピックで金メダルを獲得。この優勝により、オリンピック、世界選手権、ワールドマスターズ、全てのグランドスラムを制覇した最初の選手となりました。

2015年3月にフォーリーフジャパン柔道部が廃部となったことに伴い、4月からはベネシードに所属します。同年8月の世界選手権では5年ぶり2度目の優勝を飾り、2016年のリオデジャネイロオリンピックに弾みをつけました。

性格は天然?不思議体験エピソード

松本薫選手は、試合前の気合の入った表情も話題になりました。鋭い視線と攻撃的な柔道スタイルから「野獣」と呼ばれ、海外メディアからは「アサシン(暗殺)」というあだ名までつけられました。

しかし、競技から離れると笑顔が可愛い女性です。性格については「普段はどちらかと言うと天然」と、大学時代の同級生は感じているそうです。また、不思議な体験をしていて、とても興味深いので紹介したいと思います。

妖精を見た
大学2年の時、柔道場で麦茶の入ったクーラーボックスから、7センチほどの全身緑色の妖精が顔を出して、キョロキョロしてそのまま飛んでいった。

UFOを見た
弟とUFOを見た。「シューッと飛んでいったんです。」と。

ちなみに、どちらのエピソードも誰も信じてくれないそうです。

松本薫の家族

松本選手は5人兄弟の4番目で、兄、姉2人、弟がいます。両親は働きづめで、地元の石川県から出たことはなく、旅行とは無縁の生活だったそうです。

オリンピックを目指すようになったのは、松本選手が中学生の頃。将来オリンピックに出て海外に連れて行くと、母と約束したことがきっかけでした。

初めて両親を海外に招待したのは2009年、オランダの世界選手権だったそうですが、5位に終わりました。そして、2012年のロンドンオリンピック。両親が見守る中で見事、金メダルを獲得しました。約束を現実のものとし、世界の頂点に立ったことは最高のプレゼントだと思います。これからも活躍を続けてほしいですね。

スポンサーリンク
レクダングル広告(大)
レクダングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です